未体験のゲームプレイ!?【十三機兵防衛圏】ネタバレ無し感想

近未来都市

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回はドハマりしたPS4のゲーム【十三機兵防衛圏】を紹介していきます!!

独自性の強い唯一無二の作品!?

概要

製品名:【十三機兵防衛圏】

対応機種:PS4

発売日:2019年11月28日

ジャンル:アドベンチャーゲーム

開発元:ヴァニラウエア

販売元:アトラス

あらすじ

『オーディンスフィア』『ドラゴンズクラウン』など、個性的なファンタジー世界を生み出してきたアトラス×ヴァニラウェアのタッグがお贈りする完全新作『十三機兵防衛圏』。本作は過去~未来それぞれの時代に生きる13人の少年少女たちが「機兵」と呼ばれる巨大なロボットに乗り込み、人類の存亡をかけた最後の戦いに身を投じるSFドラマチックアドベンチャーです。キャラクター同士の会話で浮かび上がる「キーワード」を操る新感覚アドベンチャーシステム「クラウドシンク」や様々な種類の「機兵」を編成・駆使して、街を襲う巨大な敵「怪獣」と戦う爽快シミュレーションバトルなど作りこまれたゲームシステムが本作への没入感を高めます。

引用:Amazon

トレーラー

【十三機兵防衛圏】ってどんなゲーム!?

全く何の情報も無い人がみたら『いったいどんなゲームなんだ!?』って感じると思います!バンディー自身も最初観た時は同じ感想を抱きました!

誤解を恐れずに簡単に説明すると『色々な材料ををごっちゃごっちゃにし、ひとまとめにしぶち込み、混ぜたらビックリするぐらい美味しい料理が出来ました!!』みたいな感じですね!!(笑)

すいません分かり辛いんでもう一回説明します!!色々な要素が上手く合わさった唯一無二の作品つまりは神ゲーです!!

アドベンチャーゲームでもあるし、以前紹介した【428~封鎖された渋谷で~】みたいにノベルゲームでもあるし、シミュレーションゲームの要素も恋愛ゲームの要素も本当に色々な要素が交わり全てが高い基準で出来上がっているゲームです!

自分でプレイしてみて初めてこの【十三機兵防衛圏】の面白さは理解できるはずです!!

ゲーム内容

【十三機兵防衛圏】のゲーム内容を簡単に説明しておきます!

追想編(アドベンチャーパート)、崩壊編(シミュレーションバトルパート)、究明編(アーカイブパート)の3つで構成されています。

例えば追想編だけプレイしても全容が分からず、残りの崩壊編・究明編をすべてプレイすることで【十三機兵防衛圏】の全容が判明する作りです!

では各パートごとに説明していきます!

追想編・崩壊編の内容が分かるトレーラーを貼っておきます!

追想編(アドベンチャーパート)

まず主な登場人物が【十三機兵防衛圏】ってタイトル通り13人います!13人が主役のゲームってなかなか無いですよね!?

そんな13人それぞれの謎を解明していき最後に大きな謎が判明する仕組みになっっています。まるで連作短編小説みたいな作りですね!バンディーが大好きなジャンル(仕組み)なんでドハマりしました!!

小説でも登場人物5人以上登場すると物語が分かり辛くなるのに、それの倍の人数の13人それぞれの物語がしっかりと作りこまれていて、破綻することなく緻密に描かれているこ事は素直に凄い事だと思います!!

一人の主人公をずっとやりこんで物語を進んで行くのではなく、13人の物語を同時進行で進めて行き、追想編だけ進めても物語がアンロックされないので崩壊編も進めて行く流れになるんですが、その交互に進めて行く形が飽きることなくプレイできる要因に繋がっています!!

主人公が13人もいたら一人ぐらい空気になるキャラクターがいるかと思ったんですがそんな事はなく13人全員に愛着が持てますし、一人一人の物語もしっかり作りこまれているのでグイグイ引き込まれます!

ヴァニラ制の作品なんでキャラクターを動かく時もヌルヌル動きますし、グラフィックも作りこまれ感動します!!

追想編はプレイする小説だとバンディーは思いました!!

崩壊編(シミュレーションバトルパート)

崩壊編も簡単なストーリーがあり進めて行くごとに全容が分かっていきますが、何よりバンディーはシミュレーションゲームはプレイしたことが無く、崩壊編は心配の要素でしたがいざプレイすると全く問題では無かったです!

難易度も選べるのでバンディーみたいな初心でも安心してプレイできるのは有難かったですね~!物語に集中したい人は一番易しい難易度でプレイすればいいですし、シミュレーションゲームが得意な方は難易度上げて骨太なゲーム体験を楽しんでみてはいかかでしょうか?

ちなみに私はヘボゲーマー何で難易度は一番易しくしました(笑)それでしっかり崩壊編は楽しめました!

崩壊編をプレイした感想はかなり爽快感がありスルメみたいにやればやるほど面白みが分かってきます!!

13人分の専用の機体がありそれぞれに特徴があり、連続で戦場に繰り出すには制約があったりするので、それを管理しながらやりくりする楽しさを覚えてしまいました!

バトルの画面は追想編とは打って変わってかなりシンプルになってます(笑)敵の表示もリアルに描かれている訳ではなく、ドットの集合体が光っている描かれかたなのでショボく見えますがプレイし続けると不思議な事に見慣れてしまいました(笑)

機体やプレイヤーのレベル・スキル上げる事が出来るので育てる喜びもありますし、段々強くなっていく事で戦闘も楽しくなり繰り返し繰り返しプレイしたくなります!!

実際の戦闘シーンも敵を一気に殲滅できると爽快感があり、その部分がハマっていかに一度に気持ちよく敵を殲滅するかの方に集中してしまいました!

シミュレーションゲーム苦手な方も崩壊編問題なく楽しめます!!

究明編(アーカイブパート)

究明編は人物・機兵等様々な用語を緻密に解説したパートです。

ストーリーを進めて究明編を振りかえってみてみればより深く物語を掘り下げることが出来ます!

究明編のアンロックも崩壊編でよいスコアを出さないと解放出来ないのでやりこみたい人は連動してすべてのパートを攻略しないといけません!

補完的な要素もありますがアーカイブを観ることで【十三機兵防衛圏】の世界をより深く理解する、究明するためには不可欠なパートです!!

出典:アトラス

バンディー的感想

ペルソナ、真・女神転生シリーズの【アトラス】と朧村正、オーディンスフィア等を手掛ける【ヴァニラウェア】がタッグを組んで世に出される作品でかなり注目していました!

やはり【ヴァニラウェア】が手掛けるだけあってビジュアルは緻密でヌルヌル動き感動しました!

1980年代が主な舞台なので昔懐かしい雰囲気もありますが、過去・未来と様々な時代が舞台になっていくき、物語も最初はプレイした時は全く全体像が見えてきません。

1人1人の物語を進めていく事で『点と点が繋がりやがて全体像、驚愕の事実が判明します!!』

難解な物語ですが徐々に判明していく謎、終盤に向かって面白さが倍増していくので最高潮の気持ちのままクリアすることが出来最高のゲーム体験をすることが出来ました!!

まだプレイしたこと無い人は是非未体験のゲームプレイを体験してみて下さい!!

【十三機兵防衛圏】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。