日本版リメイクも決定した映画唯一無二の作品!【CUBE】ネタバレ無し感想!!

四角

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回は日本版のリメイクも決定した映画【CUBE】を今更ながら感想を書いていきたいと思います!!(笑)

元祖脱出系ホラーサスペンスデストラップ要素てんこ盛り映画!!

概要

  • 作品名:【CUBE】
  • 公開日:1997年9月9日
  • 監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
  • 出演:モーリス・ディーン・ウィン
  • ジャンル:ミステリー、ホラー、サスペンス
  • 制作国:カナダ

あらすじ

謎の立方体に閉じ込められた男女6人の脱出劇をスリリングに描き、低予算ながら世界的ヒットを記録したカナダ製シチュエーションスリラー。ある日突然、無機質な立方体の部屋で目を覚ました6人の男女。部屋には6つのハッチがあり、それぞれ別の立方体に繋がっている。自分たちが閉じ込められている理由も脱出方法もわからないまま、出口を求めて移動を続ける彼らだったが、中には殺人トラップの仕掛けられた部屋もあるようだ。やがて彼らは、安全な部屋を見つける法則を発見するが……。

引用:映画.com

予告

脱出系ホラー映画の先駆け!?

今回紹介する映画【CUBE】は名前は聞いたことがありいつか観てみようと思っていたのですが、微妙な感じがしたのでなかなか見る気がおき無かったのですが、日本版リメイクが決まったのでミーハー心丸出しで(笑)やっと今更ながら初めて観てみることにしました!

以外にも【CUBE】公開したのがなんと!1997年と結構古い映画だったことにびっくりしました!!確かに今観たら少しチープな気がしましたが内容が全く読めない映画だったので名作と聞いたので期待しながら観ていく事にしました!!

勝手にホラー映画だと思っていたのですがホラー映画って言っても色々な種類がありますよね!バンディーが初めて映画館で観たホラー映画は【リング2】でした!今でもあの時体験した恐怖は今でも鮮明に覚えています!!

効果音、演出、間やタイミングが大味な怖がらせ方のアメリカ映画と違い真から恐怖が襲い掛かってくる感じがまさにジャパニーズホラーの真骨頂ですね!!

逆に【CUBE】はホラー映画というより様々な要素が入った唯一無二の映画ではないでしょうか?

当時観る時と今見た時では印象が違う!?

【CUBE】を観ていて低予算で最低限の登場人物(6人)でよくこの映画を当時1997年に撮ったな~っと思いました!まさしく発想と企画で名作映画になったと思います!

ここ近年は【CUBE】と同じ様なジャンルでは名作【SAW】の方が有名でインパクトが強かったのでそっちの方の陰に隠れている気がします・・・

【SAW】を初めて観た時の衝撃は忘れられないですね!!続編も出るぐらいの名作でどんでん返しもあるのでまだ観てない人は是非見て貰いたいですね!!

【CUBE】の紹介しているのに【SAW】を推してしまうっていう(笑)

【CUBE】は今の時代には色々な作品を観てしまっているのでハードルがかなり高くなってしまっていたのも事実ですがインパクトは正直感じれませんでした・・・

脱出する為に色々試行錯誤しながら行動していくのですがいまいち盛り上がりに欠けそのままの気持ちの状態で観終わってしまったので拍子抜けでした、最後まで謎をすべて明かすのではなく余白を持たしたまま終わった事とラストは良いなと思いました!!

日本版リメイクは大丈夫か!?

冒頭にも書きましたが菅田将暉主演でリメイクされる事が決定してバンディーは本家の【CUBE】を観たのですが率直な意見として『日本版リメイク本当に大丈夫か?』って事が一番最初に頭に浮かびました・・・

日本版リメイク版予告

やはり残念ながら興行的にも地雷臭のする映画ですね、いくらカメレオン俳優菅田将暉を起用しても大爆死が免れない気がしてならないのです・・・

以前小説【あの日、君は何をした】の映像化を勝手に妄想した記事にも書きましたがスポンサーや様々な事情でキャスティングが決まるので大幅な改変改悪もあり得ますからね~!

海外の作品を日本版でリメイクしてもどう転んでも爆死するイメージしかないのでネガティブな気持ちしか湧きませんが、それでもリメイクしたからには何か勝算があるから映画化したと思うのでその可能性に賭けて成功する事を祈ります・・・

【CUBE】

バンディー的オススメ度

★★★☆☆☆☆☆☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。