直木賞を受賞した小説の映画化作品!【ファーストラヴ】ネタバレ無し感想!!

少女

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は島本理生原作の【ファーストラヴ】です!原作の小説は直木賞を受賞しており、監督は堤幸彦で出演陣も豪華な作品となっています!!

サスペンス映画だが心にも響くものがある作品!!

少女

概要

  • 作品名:【ファーストラヴ】
  • 公開日:2021年2月11日
  • 監督:堤幸彦
  • 出演:北川景子、窪塚洋介、中村倫也
  • ジャンル:恋愛、ミステリー、サスペンス
  • 制作国:日本

あらすじ

父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑発的な言葉が世間を騒がせる中、事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、夫・我聞の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねるが、二転三転する環菜の供述に翻弄されていた。真実が歪められる中、由紀はどこか過去の自分と似た何かを感じ始めていた。由紀の過去を知る迦葉の存在、そして環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになる。

引用:映画.com

予告

色々と豪華な作品!

今回紹介する作品【ファーストラヴ】は色々と豪華ですね~!原作は島本理生の直木賞を受賞した作品、監督は『トリック』よ『SPEC』等々数々のヒットを送り出した堤幸彦、出演に北川景子に今波に乗っている中村倫也は以前紹介した映画【屍人荘の殺】の役柄がガラッと変わっています!、そしてなんと言っても窪塚洋介です!バンディーが学生の時からの憧れですからね~!

映画【屍人荘の殺人】の紹介記事はこちらです!!

個人的には堤幸彦と窪塚洋介の組み合わせは最高ですね!中学生の時に伝説的なドラマ【IWGP】を思い出します!当時はメチャクチャ流行って学校では窪塚洋介演じる『キング』を真似するヤンキーがかなりいました(笑)もちろん作品自体何回でも観たくなる作品です。30代の方は分かって頂けるのではないでしょうか?

堤幸彦の独特の演出は最高で昔は『金田少年の事件簿』『トリック』等々斬新で尖った作品達を撮るのでバンディーが数少ない日本の映画監督の1人です、最近は昔ほど尖っていませんがそんな堤幸彦が撮る【ファーストラヴ】は気になっていた作品なのです。

ちなみにバンディーは原作小説を未読の状態で映画を見ました。

ミステリー要素もある作品

殺人犯の環菜は本当に父親を殺したのか?供述が二転三転して観ていて真実が分からなくなり、関係者の証言を聴いていくと環菜が述べていた事と食い違い余計に分からなくなっていきます。

その謎を解明していく部分はミステリー要素であり最後にはすっきりと解決してくれます、それとは並行して由紀と迦葉の間にも何やらありそうで色々な部分で物語に惹きつけられました!!

裁判も行われており以前紹介した【真実の行方】や【検察側の罪人】のようにハラハラするやり取りがありますが、全く違った面白さがそれぞれにありました!!

映画【真実の行方】の紹介記事はこちらです!!

映画【検察側の罪人】の紹介記事はこちらです!!

今作【ファーストラヴ】はミステリー要素もありますがそれよりも恋愛や愛の方に重きが置かれている作品だと思いました!!

それぞれが抱える隠したい過去と愛

今作【ファーストラヴ】にはそれぞれに隠したい過去を持つ人物が多く殺人犯の環菜もそうですが、主人公の由紀も由紀も何やら物語が進むにつれ過去に何らかの出来事があったような描写があり、義理の弟で弁護士の迦葉とのやり取りでも何やらありそうな雰囲気が匂ってくるのでした!

過去がトラウマとなり今でも苦しんでいる人が居るのですが、物語終盤にはそのトラウマ(過去)とも向き合っていき前に進んで行く姿が描かれます。主人公由紀・夫の我聞・義理の弟迦葉3人の関係性が不思議で映画を観終わった後には最初と最後では3人の関係性が変化しかなり心を打たれました。

挿入歌と主題歌を歌うUruの楽曲も素晴らしくさらに映画の良さを引き上げてくれています!観終わった後自分の『初恋』をぼーっと思い出しながら余韻に浸っていました(笑)皆様も観終わった後同じようになるはず!?

【ファーストラヴ】

バンディー的オススメ度

★★★★★★☆☆☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。