今の時代の技術でリメイクしたら面白くなるゲーム!!シリーズNO.2【ヘラクラスの栄光Ⅳ 神々からの贈り物】

ハイ!ど~も、バンディーです!!

 

昔あったゲームで面白かったけど、今の時代の技術でリメイクされたらもっと面白くなる!ってゲームを勝手に想像して紹介するコーナーです!?

 

前回の記念すべき第1回目は【46億年物語 はるかなるエデンへ】を紹介しました!!

 

www.ban-d.net

 

今回は第2回目【ヘラクレスの栄光Ⅳ 神々の贈り物】を紹介していきます!!

 

時代を先取りしすぎた画期的なゲームシステム!?

f:id:band0116:20200905200126j:plain

目次

 

概要

・製品名:【ヘラクレスの栄光Ⅳ 神々の贈り物】

・対応機種:SFC・Wii Uバーチャルコンソール

・発売日:1994年10月21日

・ジャンル:RPG

・販売元:データイースト・任天堂(バーチャルコンソール)

・開発元:パオン・ディーピー

 

あらすじ

このソフトは、1994年に発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲームです。
主人公はいにしえの国家アトランティスで平和に暮らす青年。しかし、敵国の侵攻によってアトランティスは滅亡してしまいます。主人公は魂だけの存在になりながらも、自らの人間としての運命、そして肉体を取り戻すため、神々の命を受けて旅立ちます。
物語の途中、主人公は運命の神様モイライから「トランスファー(乗り移り)」の能力を授かります。この能力によって、主人公はさまざまな人や動物の体を借りて冒険を進めることができます。乗り移ることができる体は100体以上も用意されているので、状況に合わせて乗り移る先を変えながらゲームを進めましょう。物語が進むと、トランスファーの能力を持つ仲間も登場します。

引用:任天堂

 

トレーラー

[http://:title]

 

少年時代の記憶

【ヘラクレスの栄光Ⅳ】をプレイしていた時は小学校高学年でした。当時はドラクエやファイナルファンタジーの陰に埋もれてそんなに有名だった記憶は当時無いのですが、(シリーズ4まで販売していたので有名作品だったかも知れませんが)友達におススメされて貸してくれてその時初めて知りました!!

 

全く何の情報も無く本当に面白いか不安でしたが、実際プレイしてみたら思いの他面白く夢中になってプレイした覚えがあります!

 

一体何がそんなに記憶に残っていたのか・・・

 

斬新すぎるゲームシステム

ストーリーもギリシャ神話の要素を含み壮大な物語、ドラクエみたいなシステムで取っ付きやすかったのもありますが、従来のRPGとは大きく違ったのは独特のゲームシステム【トランスファー】が大きいですね!!

 

いや~!このシステムは当時衝撃的でした!!

簡単に説明すると、主人公と相棒のプラトンは出会う人々に乗り移り操作できるようになるのです!!!

動かせるだけではなく、それぞれのキャラごとにステータスも変わり様々な要素もキャラごと変わります!

しかも乗り移れるキャラクターは100体もいます!!

男女問わず、王様、奴隷、犬までも(笑)ここが最大の魅了ですね!!

 

キャラごとに性能が違うので、使えるキャラもいれば使えないキャラもいるので当時ワクワクしながら色々なキャラに乗り移ってた記憶があります。

ただし!誰でも乗り移れる訳ではなく、乗り移れるキャラクターは決まっています!!

 

f:id:band0116:20200905210410j:plain

出典:任天堂

 

今蘇るとしたら

先ほど述べた【トランスファー】システムがかなり魅力的なので是非ともリメイクして貰いたい!!

もちろんバンディーはオープンワールド狂なので(笑)当然オープンワールドでリメイクお願いします!!

 

【アサシンクリード オッデセイ】のようなシステムで生かして欲しいですね!パルクール要素ありで縦横無尽アトランティスの世界を駆け巡りたいですね!!

[http://:title]

 

けどやっぱり一番期待するのはバンディーが神ゲーに挙げる【ウィッチャー3】の世界観ゲームプレイを元に【ヘラクレスの栄光Ⅳ】をリメイクして欲しいですね!!

 

www.ban-d.net

 

100%神ゲーに化けると思うのですが・・・・

 

儚い希望を妄想して・・・・

 

【ヘラクレスの栄光Ⅳ】任天堂のバーチャルコンソールでプレイできるので気軽に出来ますね!気になる方は古い作品ですが、是非一度プレイして体験してみて下さい!

 

 

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。