遂に悟飯が活躍!?映画【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】ネタバレ無し感想!!

ドラゴン

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品はドラゴンボールの最新映画!【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】をネタバレ無しで紹介していきたいと思います!!

バンディーが子供の頃から未だに世代関係なくずっと人気な化け物コンテンツ【ドラゴンボール】ですが大人になった今でも最新作が観れるのは嬉しい事ですね~!!

悟飯推しにはたまらん映画だ!!

概要

  • 作品名:【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】
  • 公開日:2022年6月11日
  • 監督:児玉徹郎
  • 出演:野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう
  • ジャンル:アクション、アニメ
  • 制作国:日本

あらすじ

かつて孫悟空によって壊滅させられた悪の組織「レッドリボン軍」の意志を継ぐ者たちが現れ、新たに最強の人造人間ガンマ1号、2号を生み出す。彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗り、ピッコロや悟飯たちを襲い始める。

引用:映画.com

予告

いつまでも楽しみな作品

今作【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】は以前にも紹介した前作、【ドラゴンボール超 ブロリー】から約4年経っていますがいつまでも新作が待ち遠しい作品ですね~!前作【ドラゴンボール超 ブロリー】はドラゴンボール映画の中でもアニメ映画の中ではバンディー的トップ3には入る出来でかなり興奮しました!

前作がかなり出来きが良く評価も高かったので今作【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】のハードルはかなり高くなってしまってますが一体どのような出来になっているのでしょうか!?

遂に悟飯が活躍する!?

今作【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】の公開が決まった時に悟飯にスポットライトが当たっているらしく、悟飯推しのバンディーからしたらかなり嬉しい事でした!

しかも、ピッコロと共に活躍しそうなので更に嬉しく、父親は悟空ですがもう一人の育ての親、師弟関係の特別な関係性の二人ならではのやり取りも楽しみですね~!!最近ではアニメドラゴンボール超からの悟飯の扱いが酷かったので、今作では存分に暴れて活躍して存在感を取り戻して欲しいものです!!

懐かしのレッドリボン軍!?

今作の敵?人造人間ガンマ1号2号が登場し、あの懐かしのレッドリボン軍も登場するのは嬉しいですね~!

ドラゴンボールの中ではレッドリボン軍は結構関わってきますが、中でもバンディーはドクターゲロが登場し、人造人間が暴れまわる『人造人間編』が1番印象に残ってやっぱりセルが1番好きな敵キャラって事もあります!

そんなレッドリボン軍と悟飯が対決する構図はその『人造人間編』を思いだし今作【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】の展開期待せずにはいられない!!

古き良きドラゴンボール映画!?

今作【ドラゴンボール超 スーパーヒーロー】は前作【ドラゴンボール超 ブロリー】とは違い3DCGアニメになっていて最初は心配でしたが、全く気にならず反対に3DCGアニメだからこそ描ける迫力あるバトルが良かったですね~!

ネタバレになるので内容の詳細は書きませんが今作は昔のドラゴンボール映画を彷彿させるような流れで『日常パート→ギャグパート→バトルパート』と観ていて懐かしくなりこのぐらいギャグがある方がドラゴンボールっぽくて良かったです!

ワクワクが止まらない!

今作は久しぶりに悟飯が主役なのとあのセル編の時の最近の悟飯が観れると思ったら楽しみで仕方なかったし、戦ってる所とスーパーサイヤ人になってなんとなんと!アルティメット飯が観れるだけでも観たかいがありました!(予告にも登場してます。)

前作【ドラゴンゴール超 ブロリー】の時もそうでしたが、ブロリーのとんでもない変身とゴジータブルーが登場した事を考えても、悟飯がアルティメットで終わるはずなく絶対その上の変身があるはずなのでそれが楽しみで楽しみで仕方なくワクワクが止まりません!!ピッコロも変身しそうな感じがしてるのでこちらも楽しみ!!

観終わっての感想!!

今作【ドラゴンゴール超 スーパーヒーロー】を観終わっての率直な感想ですが!『ワクワクが一杯で悟飯が活躍して良かった!!』簡単に言えば面白かったです!!

予告通り期待を抱かせてくれた部分に関してはしっかり期待に応えてくれているのでご安心を!!言いたくて仕方ないですがこればかりはご自身の目で観て確かめてほしい!!予想を遥かに上回る展開だったとだけお伝えしておきます!!

ただ!!肝心の重要な部分を観た時にバンディーは残念ながら若干冷めてしまいました・・・。それまでは最高に盛り上がっていた所にあれを魅せられたら『二次創作かよ・・・』って(笑)非常に展開的には良かったがもうちょっとどうにかならなかったものかとそこだけ不満!少ししか観れなかったんでじっくり活躍している所を観れば印象も変わりますがあれだけではちょっと・・・。

『セル編』へのオマージュが沢山あるので映画観る前に予習しておくとさらに面白くなるはず!!今作の主人公は『悟飯とピッコロ』なのでその点はしっかり描かれているし、ほぼ二人の映画みたいな部分もあります!最後の必殺技には感動しましたね!!

最後に○○登場しますがバンディーはそれは復活とは認めませんから!!(笑)残念な点も書きましたがワクワク出来る新たなドラゴンボールの映画が誕生したのではないでしょうか!?もう一回観ようかな~!!

【ドラゴンゴール超 スーパーヒーロー】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★☆☆☆

【バンディー的オススメ作家別リスト】

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。