マンガ大賞も受賞したイチオシ漫画!【ミステリと言う勿れ】ネタバレ無し感想!!

星空

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回はマンガ大賞2019年度版に2位にランクインしたイチオシの漫画【ミステリと言う勿れ】を紹介していきます!!

少女漫画と思って侮る勿れ!!

概要

  • 作品名:【ミステリと言う勿れ】
  • 著者:田村由美
  • 連載開始:2016年11月28日
  • 既刊:8巻(2021年4月15日現在)
  • 掲載誌:月間フラワーズ
  • 発行所:小学館

あらすじ

冬のある日。大学生の久能整は警察署で事情聴取を受ける。藪警部補を始めとする刑事たちの話によると、昨晩10時ごろ、大学の同回生で高校の同窓である寒河江が殺害され、現場で久能に似た人物と寒河江とが口論していたのが目撃されたというのだ。殺人の疑いをかけられる久能に対して刑事たちは高圧的に詰問する。対して久能は寒河江は金持ちの親を持つ鼻持ちならないやつだったと述べ、しかし冷静に、歯に衣着せぬ物言いで犯行を否定する。

引用:Wikipedia

少女漫画だからと言って侮る勿れ!!

バンディーはミステリー小説が大好きなのでこのブログでもオススメ小説を紹介していますが、【ミステリと言う勿れ】を初めて観た時まずタイトルに惹かれました!だって大好きなミステリが入っているのできっと驚かせてくれる作品に違いないと!!勝手に思い込んでしまいました(笑)

ただ少女漫画だったので少し迷ってしまったのですが、マンガ大賞2019年度版に2位にランクインしているしきっと面白いと信じて読んでみることに決めました!(肩書や権威や名誉に弱い人間なんです(笑))

いざ蓋を開けてみれば最初の迷いは杞憂に終わりました、2021年4月時点でバンディーは8巻まで大人買いし一気に読みましたがめちゃくちゃ面白かったです!!

少女漫画だからと言って迷っていたのが恥ずかしいです!田村由美先生すみませんでした!!

今は漫画業界も女性の作家先生が活躍しています!【鬼滅の刃】吾峠呼世晴先生【鋼の錬金術師】荒川弘先生も女性の作家さんです、他にも活躍されている女性の作家さんはいます!漫画だけではなく小説の世界でも同じです。

面白い作品に性別は関係ないという事ですよ!!

ミステリ要素もある不思議な作品

今作【ミステリと言う勿れ】天然パーマがトレードマークの主人公久能整(くのう ととのう)が事件に巻き込まれながらもいつの間にか解決していくストーリーですが、ミステリーなので殺人事件が起こりますがそんなに過激な描写は無く安心して読めます、1話完結の物語では無く一つの事件が何話にもまたがって描かれており『第〇章』って括りの方が当てはまります!

今までのミステリー漫画と違う部分はもちろんミステリーの要素はあるのですが、主人公久能から発せられる言葉の数々が哲学的と言いますか心に沁みる言葉が多いんですね~!そこがまたいい!!

ミステリー要素もあるそれだけではない魅力がある不思議な作品です!!

ストーリーも謎がありまた作品によっては思いもよらない結末やどんでん返しがあるのもミステリー好きのバンディーからしたら溜らんです!!!(笑)

また作品全体を通しての大きな謎もあるのでこれから先もまだまだ見逃せない部分です!!

最後に

今作【ミステリと言う勿れ】はミステリーを読んだ事ない人でも十分にオススメ出来る作品ですし、魅力的なキャラクターのやり取りも楽しめます。

以前読んでいた漫画【金魚屋古書店】に通ずつ部分が個人的にはありました!(こちらの作品もおススメです!)

まだまだ作品は続くと思いますが先が気になるおススメの漫画です!!

【ミステリと言う勿れ】を読んでミステリー小説にも興味が出た方は是非オススメミステリー小説をまとめた記事があるので良ければ参考にしてみて下さい!

【オススメのミステリー小説まとめ】記事はこちらです!

【ミステリと言う勿れ】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。