北森鴻の映像化は不可能な作品?どんでん返し小説!【メビウス・レター】ネタバレ無し感想!!

絵

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は以前紹介したミステリー小説【花の下にて春死なむ】の作者北森鴻どんでん返し作品【メビウス・レター】をネタバレ無しで紹介していきます!!

何重にも驚かされるどんでん返し小説だが・・・

概要

  • 作品名:【メビウスレター】
  • 作者:北森鴻
  • 発売日:1998年1月26日(単行本)
  •    :2001年2月15日(文庫本)
  • 発行所:講談社

あらすじ

すべてがひっくり返る驚愕の結末とは!?

“過去から”届いた一連の手紙。高校生焼身自殺と連続殺人の接点は?

男子高校生が謎の焼身自殺を遂げた。数年後、作家・阿坂龍一郎宛てに事件の真相を追跡した手紙が、次々と送りつけられる。なぜ阿坂のもとに?そして差出人の正体は?阿坂は人妻のストーカーに付け狙われ、担当編集者は何者かに殺害された。すべてがひっくり返る驚愕の結末とは!?傑作長編ミステリー。

引用:amazon

過去と現在が交錯するストーリー

今回紹介する作品【メビウス・レター】は過去に男子高校生が謎の焼身自殺があり、数年後に主人公で作家の阿坂龍一郎に謎の人物がその時の事件に関しての手紙をたびたび送りつけてくる所から始まります。

章の間には新聞の事件の切り抜き記事の内容が書かれたもの挿入されており凝った作りにいて作品の世界観に没入する一つのスパイスとなっています!作品の最初の方は主人公阿坂と担当編集者や秘書芳江とのやり取りが描かれているのですが、すぐに物語は雲行きが怪しくなっていきます・・・

阿坂と同じフロアに住んでいるストーカー気質怪しい近隣の女が出てきて何とも不気味な存在なんですね~、そしてある人物が事件に巻き込まれますます物語は加速していき、コンビの刑事が現れるのですが最初は飄々とした雰囲気ですが、本当は嗅覚が鋭い刑事で事件の捜査に乗り出します!今作【メビウス・レター】は魅力的な登場人物が多いですね!前回紹介した 【花の下にて春死なむ】 も登場人物が魅力的だったので北森鴻は人物の描写を描くのが改めて上手いな~と思いました!

現在ののパートでもバタバタし出すのにさらに過去の手紙も関わってきて徐々に無関係だった話が交わり始めます・・・

2転3転と驚かされる展開が待つ

物語が進むにつれて謎も増えていくのですが、終盤ではアッと驚く展開が待ち受けます!!タイトルに書いている通りどんでん返し作品なのである程度これから読む人は何かが起こるとは身構えているとは思いますが、その予想を上回る驚きが何回も訪れます!!

やっぱり自分が読んでいて思い描いていたイメージが、真相を知る事によって一気に崩れ去る快感は何回体験してもたまらんものですが、その喜びを教えてくれるどんでん返し作品はやっぱりいいですよね~!!

参考までにバンディーがミステリー読み始めた時にどんでん返しを教えてくれた作品は歌野晶午【葉桜の季節に君を想うということ】殊能将之【ハサミ男】等はミステリー初心者方は読んだら驚く事間違いなしですね~!!

今作【メビウス・レター】ミステリー初心者の方がどんでん返しの要素を楽しめると思います!玄人の方はちょっと物足りないかもしれません・・・

どんでん返し作品ではあるが・・・

今作【メビウス・レター】は確かに2転3転どんでん返しが訪れ読者の皆さんは驚かされると思いますが、色々な伏線や話を盛り込んだ事で余計に分かり辛くなってしまい素直にどんでん返し要素が楽しめない感じも否めないんです。

話のキモの部分も若干フェアではない気がしますし、現実問題そのトリックは皆が気づかないものか?いくつか疑問に思う点も目立ったので残念でしたね~。

そこが気になりだしたら色々気になってしまい集中できなくなってしまいましたし、真相を知っても快感を得られるような驚きは無くどちらかと言えばモヤっとした感じで終わってしまいました・・・

最後は気になる点ばかり書いてしまいましたが、最初に発売された1998年でこのどんでん返し要素は素晴らしいと思います!色々などんでん返し作品を読んできた玄人の方よりはこれから色々などんでん返しミステリーを読むミステリー初心者の方の方が楽しめる作品だと思いました!!あと今作【メビウス・レター】映像化は出来ないお話ですね~。

【メビウス・レター】

バンディー的オススメ度

★★★★☆☆☆☆☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。