ホントの恐怖は芯からやって来る!?【残穢 住んではいけない部屋】ネタバレ無し感想!!

帰宅

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は小野不由美原作の日本のホラー映画【残穢 住んではいけない部屋】をネタバレ無しで紹介していきたいと思います!!

以前に亀梨和也主演の【事故物件 恐い間取り】を紹介しますたが今回もホラー映画は苦手ですが頑張って観ましたがやはり恐かった(笑)

これぞ日本のホラー映画!?

監禁

概要

  • 作品名:【残穢 住んではいけない部屋】以下【残穢】
  • 公開日:2016年1月30日
  • 監督:中村義洋
  • 主演:竹内結子、橋本愛
  • ジャンル:ホラー
  • 制作国:日本

あらすじ

小説家の「私」に、読者である女子大生の久保さんから届いた一通の手紙。「住んでいる部屋で奇妙な音がする」とい書かれたその手紙に、好奇心から「私」と久保さんが調査を開始する。そこで明らかとなったのは、その部屋の過去の住人たちが転居先で自殺や無理心中、殺人などさまざまな事件を引き起こしたという事実だった。彼らは、なぜその部屋ではなく、さまざまな別の場所で不幸に遭ったのか。「私」たちは、ある真相にたどり着き、さらなる事件に巻き込まれることとなる。

引用:映画.com

予告

小野不由美の原作を映画化

今作【残穢】小野不由美の小説を映画化していますが、小説の方は山本周五郎賞を受賞しており、さらにはミステリーランキングにも入っておりただのホラー小説とは一味違います!

【残穢】と同時期に発売した【鬼談百景】はリンクする部分があるので【鬼談百景】を先に読んでてから【残穢】を読んだ方が絶対にオススメなので時間に余裕がある方は両方読んでみて下さい!

今作【残穢】は謎を解明していくミステリー要素がありますが、バンディーがオススメするホラーとミステリーが上手く融合した三津田信三の名作【首無の如き祟るもの】とはまた違ったベクトルを向いた作品ですが、ミステリー好きな方も楽しめると思います。

一通の手紙から始まる・・・

原作と同じく物語は一通の手紙から始まります。小説を読んだ時は自分の頭の中で想像しながら読んでましたがやっぱり映像で物語を追っかける方が恐さは倍増ですね~!

手紙の差出人女子大生の久保は部屋で何かが擦れている音を聞くようになります、それだけならば住む前に事件や事故があった事故物件って考えてしまいますが、不動産屋に確認した所は久保の部屋や他の部屋でもそう言った事故物件になる部屋はないとの返答でした。

昨今では事故物件の部屋は情報公開しないといけないので不動産屋の話は嘘ではないと思います。では一体どういう事か?重要なのは『今現在建っている物件ではそのような事件や事故が起こっていない』って所ですね~!

まさか一通の手紙から一体誰がこんな壮大な出来事になると思うでしょうか?

映像化に成功した事例

今作【残穢】は原作があっての映像化では成功の部類だとバンディーは思います!以前紹介した【事故物件 恐い間取り】よりは遥かに満足出来る作品でした!

竹内結子をはじめ役者の方たちの演技も良く、変に演技下手なのに演技素人のアイドルやタレントが出演してないのも好感が持てました!竹内結子が謎を追っていく事に様子が変わっていってるのも観ていて分かりました。

日本のホラーは【リング】で観ている人を恐怖に陥れる演出は完成されていたとバンディー的には思っていて、以降の作品は音や映像でただ驚かせているだけで『恐くはない』作品が乱立しました、ただし今作【残穢】は久しぶりに身体の芯から恐怖がやって来る作品が登場したと思いました!

ビックリする音等は無いにも関わらず、事実の積み重ねだけで観ている人にも恐怖が伝わるし、本当に恐い作品は観終わってからも続くものなんですね~!

残穢とは

今作【残穢】はホラー作品ですが、切り口が今までの作品とは違い事件の元になった原因を見つけたと思ったら、またさらにその事件の原因となる事が判明すると言った具合です。

よくありがちなその部屋で起こった事件を解明したら終わり!ではなくその土地自体に原因が有るかもしれないといった具合で壮大なお話になっています。

最初は無関係だと思われた話たちが思いもよらないタイミングで関わってくる所はミステリー要素でたまらんかったですね~!!

一体この負の連鎖は何処で絶ち切れるのであろうか?観終わってからも恐怖が残るまさに日本のホラー作品を表した作品でした!!

最後に

今作【残穢】を観て思ったのが、以前バンディーも面白いと思って紹介した雨穴の小説?【変な家】も同じ臭いがする作品でした。

【変な家】【残穢】に比べたらホラー要素が少なく代わりにミステリー要素の方が強い作品です、【変な家】も映像化が決まっているので原作を裏切るような出来ではなく、今回紹介した【残穢】のような作品になる事を祈っています・・・。

【残穢 住んではいけない部屋】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。