ワクワクが止まらない神ゲー(仮)【ゴーストオブツシマ】へのカウントダウン!!

ハイ!ど~も、バンディーです!!

 

ついに神ゲー(仮)【ゴーストオブツシマ】発売までついに1週間を切りましたね!!

正確にはあと発売まであと4日ですが。

 

バンディーはワクワクが止まりませんよ!!

西野カナばりに『会いたくて会いたくて震える』状態ですよ!!

実際にそんな人いたら相当ヤバイ人ですが(笑)

 

けどこんなにゲームの発売日が待ち遠しいのは久しぶりですよ!

前回紹介した【レッドデットリデンプション2】以来ですね。

 

ban-d-blog.hatenablog.com

 

バンディー的【ゴーストオブツシマ】に期待する事!!

 

f:id:band0116:20200712182401j:plain

目次

 オープンワールドの定義

【ゴーストオブツシマ】以前に概要など書いてますので、良ければそちらも観て下さいね!

 

ban-d-blog.hatenablog.com

 今回はバンディー的に【ゴーストオブツシマ】に期待する事書いていきます!

 

そもそもオープンワールドの定義って改めて考えたんですが一体何をもってオープンワールドって言うんですかね?

 

調べてみたのですが、

オープンワールドとは

オープンワールド(Open World)とは、英語におけるコンピュータゲーム用語で、舞台となる仮想世界を自由に動き回って探索・攻略できるように設計されたレベルデザインを指す言葉である。

引用:Wikipedia

との事です、よく【箱庭ゲーム】とも言われますよね。

 

バンディーが初めてオープンワールドのゲームはPS2【GTA3】でした。

このゲームを実際にプレイしたら衝撃的でした!!

「すげー!何でも出来るやん!!」、「えっ!?一般人シバイていいんですか?」

PSのGTAも持っていたので余計に衝撃でした!GTAクソゲー・ネタゲー感がありましたが(笑)

 

それ以降は様々なオープンワールドゲームが出ました、けど色々な種類が出てただただオープンワールドにしとけばお前らはそれで満足なんだろ!?』的なゲームも販売していました。

 

不満な点は
  • オープンワールドに見えるだけで、実際は遠くの山が見えるけどただの景色なだけで実際にはその場所には行けない
  • 見えない壁があってそこから先は行けない
  • とにかくロードの時間が長い
  • バグが多い

等があります。

 

その中でもフォールアウト・エルダースクロールズシリーズの【ベゼスタ】

GTA・レッドデットリデンプションシリーズの【ロックスター】はやはりオープンワールドゲームに関してはしっかりいいゲームを作ってきます!

 

【スカイリム】なんて『冒険している感が満載!!』ですね。

色々な不満な点も吹っ飛びますね!

最初に出たのは2011年ですが、バンディーは今でも余裕でプレイして楽しめています!

(今からやるならPS4でするのをおススメします!!)

凄いですよね、9年前のゲームですからね~

 

ゼルダの伝説BOTWの登場!!

ここ数年ではゼルダの伝説BOTWの登場です!

[http://:title]

このゲームはホントにビビりました!【スカイリム】以上に冒険感が満載!

世界が全て生きている様に感じます。

 

自分で考えて行動して結果が出た時の喜び!

バンディーが一番凄いと思ったのが、「あっ!あそこに見える山に登ってみようかな~」っと思った所は大概行けてしまいます。

 

何気ない事ですが凄い事ですよ、今までは見えてるだけで登れないゲームが多かったですからね。

 

ゼルダの伝説BOTWまだ未プレイの人は死ぬまでに必ず一度はやってみて下さい!!

必ず心に残るゲームになるはずです!!

 

バンディーが【ゴーストオブツシマ】に期待する事!

すいません【ゴーストオブツシマ】までの前置きが長くなりましたね。

[http://:title]

 

今現在で分かっている部分で期待することを書いてみます!

 

日本をどこまで表現できているか

今まで海外の会社が日本を表現するとき、やっぱり違和感がありますよね。

「ニンジャ・サムライ・フジヤマ・ゲイシャ」的な(笑)

実際これホンマに日本か?みたいなゲームや映画ありますもんね?

 

この部分がどのくらい違和感なく表現されているかは大きいと思います!

可笑しかったらゲームしてても気になって集中できなくなったら嫌ですもんね。

 

ゲームの難易度はいかほどか?

【ゴーストオブツシマ】難易度は【ダークソウル】や【SEKIRO】の様に死にゲー見たいになるのでしょうかね。

ある程度は歯ごたえがある方が、生き死にを感じられると思うのですが、バンディーは特に糞最弱ゲーマーなんで難易度いちも一番易しい難易度でプレイしてしまうのです(笑)心臓に悪いから・・・

 

そんなゲーマーでもめげずにクリアできる難易度があると嬉しいです。

イージー・ノーマル・ハードの3種類あるみたいですが、イージーでもむずかったら詰んじゃう・・・

(最近のゲームは色々と難易度選べるからきっと大丈夫なはず)

 

スキルやシステム関連

ここも重要ですね!

スキルによってどれほどゲームのプレイ幅が出るのか?

装備関係がどういったカスタム要素があるか?

 

最初からスキル全て取れるバランスもヌルゲーになるし、逆に遅すぎてもゲーム終盤しか使用できないとなったら嫌ですよね。

(多分スキル等の引継ぎ要素あって周回プレイ出来たらいいのですが)

 

装備も主に刀のみになり、刀も一つの刀のみみたいです。

カスタマイズや見た目は変えれるみたいですが、武器自体に特性などもあるのかは不明。

弓矢、爆竹のようなものトレーラーで見えましたが、その他の武器は今のところ不明ですね。

 

実際にプレイして発見する喜びを期待しておきます!

 

何処までも行けるオープンワールドならいいな

ミニマップなどは無く、風や動物などが導いてるれるようなシステムになっているようですね。

現状ではそれ以上な事は分からないですが、先ほど紹介したゼルダのBOTW】

のようなゲームプレイ感なら文句なしに最高なんですが。

 

やっぱり冒険する喜びがオープンワールドの中でも重要な部分を占めてると思うのでこの部分によって大分変ってきそうですね!

 

バンディーは

オープンワールドは不足を楽しむもの!!

って考えてるので色々試行錯誤して楽しんでいきたいと思います!!

 

バンディーと同じように【ゴーストオブツシマ】発売をワクワクして待ってる方たちはあと少しあれこれ妄想しながら楽しみに待ちましょうね!!

 

反対にノーマークだった方もまだ予約できると思うので気になったら一緒に楽しみましょ~!!

 

ゲオ公式通販サイト【ゴーストオブツシマ】をご入力下さい。  

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。