超常現象の真相は!?映画【ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談】ネタバレ無し感想!!

イギリス

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は英国制のホラー映画【ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談】をネタバレ無しで紹介していきます!

英国制の映画も久しぶりに観ますし、しかもバンディーの苦手なホラー作品です(笑)今作【ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談】はもともと以降イギリス好評だった舞台作品の映画化で一体どんな結末が待っているのか!?

3つの体験談の真相は幽霊か?科学で証明出来る事案か?

概要

  • 作品名:【ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談】以下【ゴースト・ストーリーズ】
  • 公開日:2018年4月6日
  • 監督:アンディ・ナイマン、ジェレミー・ダイソン
  • 出演:アンディ・ナイマン
  • ジャンル:ホラー、ミステリー
  • 制作国:イギリス

あらすじ

「幽霊は本当にいるのか?」

オカルト否定派のグッドマン教授が解明に挑んだ“絶対にトリックを暴けない”3つの超常現象。精神病院だった倉庫、闇に包まれた真夜中の森、雪に閉ざされた郊外の豪邸……3人の男が異なる場所でそれぞれ遭遇した恐怖体験を調査するうち、グッドマンは想像を絶する恐怖の渦へとからめとられていく──。

引用:ゴースト・ストーリーズ英国幽霊奇談公式HP

予告

幽霊はいるのか?いないのか?

今作【ゴースト・ストーリーズ】は主役のグッドマンが『絶対にトリックを暴けばない3つの超常現象』を調査して欲しいと依頼があり真実を暴いていく事になります。

グッドマンは超常現象『否定派』で現に自分でいかがわしい自称超能力?達のトリックを突撃して暴いていく番組を制作しています。

この『超常現象は本当にあるのか?』は現在進行形で現実に議論されていると思いますしはっきりとした答えは出てないと思います!バンディー自身は幼い頃は幽霊等の超常現象を信じていましたが、大人になった今では信じてはいない『否定派』ですが心の何処では『本当に幽霊はいるかも知れない・・・』って思っている自分もいるので、今作【ゴースト・ストーリーズ】の内容は非常に気になる作品です!!

3つの超常現象

グッドマンは依頼された3つの超常現象を調査していきます!簡単に説明しておきます。

  • ケース1:元夜間警備員が使われていない精神病院で少女の霊を目撃者したお話。
  • ケース2:オカルトマニアの青年が夜中に車のひき逃げの事故をお越した末に化け物に襲われるお話。
  • ケース3:金融業者の自宅で出会ったポルターガイスト現象と妻子の悲劇のお話。

3つの話がテンポよく進んで行くのでサクサク観れました!一つの作品の中にさらに別の話がいくつもあったら何か得して気分ですね一粒で二度美味しいみたいな(笑)

3つの話それぞれに明言はされていませんがオチがついておりその3つのお話を全て調査した後に依頼主である人物の所に行き報告しに行くのですが、そこから物語は急変します!!

しっかりホラー映画でした

今作【ゴースト・ストーリーズ】は幽霊の事を取り上げている作品何でホラー映画だとは思っていましたが、思ってた以上にホラーでした!!(笑)アメリカ映画にありがちな急に出てきて『バーン!!』って勢いだけで驚かすのではなく、演出が上手くじわじわと奥底から湧き上がる部類の恐怖でビビりのバンディーは怖がりながら頑張って観ていきました!!

グロ要素等は無いので良いのですが、怖がりな人は気をつけた方がいいのとどちらかと言えば【ゴースト・ストーリーズ】ホラー要素のあるミステリー映画だと思いました!!

終盤で怒涛の展開が!?

3つの超常現依頼主に報告しに行ってからの展開に観ている人はビックリすると思います!劇中に稀に移りこんだフードを被った不気味な人影の正体や、若干ぶっ飛んだ展開が繰り広げられその演出の仕方は見事でしたが、それも物語全て観終わった後に意味がある事に気付きます!

しかも劇中に伏線はしっかり張られており徐々に謎が解明されていくに従い『なるほどな~!!』と感心し最後の最後で驚きの真実を観ている私たちに突きつけてくるのでした!!最後の展開を予想できる人はなかなか居ないのではないでしょうか!?

ホラーやサスペンスが好きな方は一度観て頂きたい作品ですし、イギリスの映画もなかなかやるなと思えました!!ただ!ぶっ飛んだ演出は好みが分かれると思うのと、どんでん返し作品見慣れた人には衝撃が薄いかもしれない点が残念なポイントでした・・・

【ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談】

バンディー的オススメ度

★★★★★★☆☆☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。