騙されたい貴方にぴったりな映画!【鑑定士と顔の無い依頼人】ネタバレ無し感想!!

オークション

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する映画は騙される快感に浸りたい貴方にぴったりな映画【鑑定士と顔の無い依頼人】を紹介していきます!

恋愛映画と思いきや最後に驚きの展開が・・・!!

概要

  • 作品名:【鑑定士と顔の無い依頼人】
  • 公開日:2013年12月13日
  • 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
  • 出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス
  • ジャンル:恋愛、ミステリー
  • 制作国:イタリア

あらすじ

天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、ある屋敷にやってくる。しかし、依頼人の女性クレアは屋敷内のどこかにある隠し部屋にこもったまま姿を現さない。その場所を突き止めたバージルは我慢できずに部屋をのぞき見し、クレアの美しさに心を奪われる。さらにバージルは、美術品の中に歴史的発見ともいえる美術品を見つけるが……。

引用:映画.com

予告

鑑定士と依頼人の恋物語?

鑑定士の主人公ヴァージルは女性が苦手なクセのある人物です、依頼人のクレアは広場恐怖症の為ずっと引きこもりの生活を続けています。

そんな問題を抱えている二人が物語の中心となりお話は進みます。女性が苦手なヴァージルと人目に出れないクレア相容れない二人がこれから一体どうなっていくのか気になりながら見始めました。

イタリアの映画ほとんど観た事が無いですが問題なく違和感なく観ることが出来ましたね~。これがアジア映画ならやっぱり違和感を感じると言うよりはまだ見慣れないだけですが、早く慣れないとまだ見ぬ名作の為にも何でも食わず嫌いはダメですね!

ここまで書くと【鑑定士と顔の無い依頼人】はただの変則的な恋愛映画だと思われますが、終盤から物語は大きく動き出しこの映画の『猛毒』を食らうことになるでしょう・・・

終盤に待ち受ける驚きの展開とは!?

こういったどんでん返しがある作品を紹介するのって毎回悩みながらこの記事を書いてるのですが、『どんでん返し』って書くだけでも既に若干ネタバレですもんね(笑)

バンディーブログはネタバレをしないで色々な作品を紹介しています、やっぱり驚きの展開やトリックや真犯人等はご自身の目で見て驚きや感動を味わって欲しいって言う想いがあるからなんですね~!

どんでん返しの作品を紹介していますが安心して下さい!どんでん返しがあるって分かってても必ず騙される作品を紹介してますので!

話が逸れてしまいましたが(笑)バンディーも今作【鑑定士と顔の無い依頼人】初見の時は終盤の展開に驚愕し観終わった後も頭を整理する為もう一度観なおしました!よく煽り分である『あなたは必ずもう一度観なおす!』的な事良く書かれていますがまさに今作はそれでした!

どんでん返し系の作品の玄人達から見ても楽しめる筈!?伏線も綺麗に撒かれているのでそれらも見事に回収されているので完成度は高いと思われます。ただ今作【鑑定士と顔の無い依頼人】は恋愛要素がある分真相が分かった時の振れ幅が大きく若干胸糞展開なのでそんな『猛毒』がある所がポイントですね!

色々紹介しておいてなんですが、出来れば予備知識無ければ無い程驚かされると思うので気になったらすぐに観るべき作品です!

どんでん返し作品は【ファイトクラブ】【ユージュアル・サスぺクツ】等の有名作品もありますがまた別のベクトルの面白さが【鑑定士と顔の無い依頼人】にはありました!

【ファイトクラブ】の紹介記事はこちらです!!

【ユージュアル・サスぺクツ】の紹介記事はこちらです!!

小説でもよく似た作品はあります

バンディーは映画も紹介してますが他にも小説も紹介していまして、今作【鑑定士と顔の無い依頼人】を観て感じたのは似たような小説で【イニシェーション・ラブ】という作品が頭に浮かびました!

乾くるみの作品で殺人事件が起きる訳でもなくしっかり恋愛小説なのにどんでん返しを喰らわされた記憶に残っている作品です!【鑑定士と顔の無い依頼人】を観て気に入ったのであれば是非乾くるみの小説【イニシェーション・ラブ】を是非ともおススメします!!(映画もありますが必ず小説を推します!!)

小説【イニシェーション・ラブ】の紹介記事はこちらです!!

【鑑定士と顔の無い依頼人】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。