前作【マスカレード・ホテル】を越えれるか!?映画【マスカレード・ナイト】ネタバレ無し感想!!

仮面

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は東野圭吾原作ミステリー小説の映画化【マスカレード・ナイト】をネタバレ無しで紹介していきたいと思います!!

木村拓哉・長澤まさみ主演の前作【マスカレード・ホテル】が高評だったので今作はさらに面白くなってるのかそれとも・・・。

木村拓哉の新たなヒット作!?

概要

作品名:【マスカレード・ナイト】

公開日:2021年9月17日

監督:鈴木雅之

出演:木村拓哉・長澤まさみ

制作国:日本

あらすじ

ホテル・コルテシア東京に再び潜入した刑事・新田浩介と優秀なホテルウーマン・山岸尚美が難事件に挑む姿を描く。警察に届いた1通の匿名ファックス。その内容は、都内マンションで起きた殺人事件の犯人が、大みそかにホテル・コルテシア東京で開催されるカウントダウンパーティ「マスカレード・ナイト」に現れるというものだった。パーティ当日、捜査のため再びフロントクラークとしてホテルに潜入した警視庁捜査一課の刑事・新田浩介は、コンシェルジュに昇進した山岸尚美の協力を得て捜査を進めていくが、500人の参加者は全員が仮装して顔を隠していた。限られた時間の中、素顔のわからない殺人犯を捕まえるべく奔走する彼らだったが……。

引用:映画.com

予告

高評の前作

今作【マスカレード・ナイト】の感想を書く前にシリーズ作品なので高評だった前作【マスカレード・ホテル】についても軽く触れておきます!

【マスカレード・ホテル】2019年公開作品で東野圭吾原作、木村拓哉・長澤まさみ出演のホテルが舞台のミステリー映画です。監督は鈴木雅之が監督をしており、木村拓哉が出演していたドラマ『Hero』の監督もしていました。

ドラマ『Hero』はかなりヒットしたドラマでしたし、内容もシリアスとコミカルのバランスが絶妙のドラマでした!今作【マスカレード・ナイト】でも健在ですし、『Hero』に出演していた方達も【マスカレード・ホテル】にも出演してます!

何を演じても『キムタク』って言われていますが、やっぱり木村拓哉が出演していたら観てしまうしまだまだ特別な存在だと思います!バンディーはやはり木村拓哉には以前紹介した【検察側の罪人】のようなダークな役何なら殺人鬼を今演じたら絶対はまり役だと思うんですね~!!

少し脱線しましたが(笑)ドラマ『Hero』が好きだった方はきっと楽しめる作品になっています。ちなみに前作【マスカレード・ホテル】を観なくても楽しめるのでご安心を!

ホテルが舞台の映画

今作【マスカレード・ナイト】は前作【マスカレード・ホテル】同様にホテルが舞台になる作品で事件の為にホテルマンとなりに潜入捜査している刑事の新田(木村)と優秀なホテルウーマン(長澤)がバディを組み事件を解決していくお話です。

ホテルとミステリーは以外に合うものだと【マスカレードシリーズ】を観て感じましたね~!不特定多数の人物達が1つの所(ホテル)に宿泊しそれぞれ目的がありますし、全員が善人ではなくその中に悪人(犯人)も含まれ事もあるのでそういった時どうなるのか・・・?

前作と今作共にホテルで事件が起こるのですがバンディーは全く犯人は分からなかったです(笑)原作が東野圭吾っていうのもありますがミステリー映画としても十分楽しめました!ハズレのミステリー映画もありますからね・・・。

様々な出来事が起こる

別の事件の犯人がホテルで行われる大晦日のカウントダウンイベントに現れるという情報が入り刑事新田を含むメンバーがホテルに潜入捜査をし犯人を捕まえようとします。ここまでの流れは前作と同じですね。

ホテルウーマンの山岸とまたバディとして協力して捜査していきますが、前作と違い新田と山岸の関係性がある程度出来上がってるのが微笑ましいですね~!!それでもまだお互いに理解しあえない点もありますが(笑)

観ていて気になったのはホテルの従業員はお客様の要望に対して『無理です』って事は絶対に言ってはならない?的な事を言ってましたがそれが本当ならめちゃくちゃ大変ですよね~!確かに作中では山岸はお客様の無理難題にも誠実に答えていきます。

それと平行して事件の犯人を探していきますがホテルに来る500人のお客が全員容疑者で怪しそうな人達ばかりで、全員怪しく見えてきます、しかも年末のカウントダウンパーティーは参加者全員仮面着用の義務があるので余計に現場は混乱していきます。

ホテルに訪れるお客様とのやり取りがいくらかあり様々な出来事が事件と平行して起こるので観ていて飽きなかったのも良かったです!

ラストに向かって

今作【マスカレード・ナイト】ミステリー作品なので最後には犯人が判明するのですが、それまでに色々な出来事があり最後まで犯人は分かりません。

それまでにミスリードや伏線等のお決まりのミステリー要素も盛り込まれておりやはり監督の鈴木雅之の手腕が良いのが分かります!見易いって所は作品にとってかなり重要な要素だとバンディーは考えます。

ただ大きなどんでん返しも無く犯人の意外性や驚きはバンディーは個人的には前作【マスカレード・ホテル】の方が面白かったです!けど続編があるなら観てみたいと思える作品でした!

最後にどうしても言いたいのは、木村拓哉と仲がいいからなのか明石家さんまが良く今作【マスカレード・ナイト】や他のドラマに出がちですがこれは止めて頂きたい!今さらさんまが出てもサプライズ感はなく反対に不快になるだけなんでこういった大人の事情は無くした方がいいと思いますけどね~!!

【マスカレード・ナイト】

バンディー的オススメ度

★★★★★☆☆☆☆☆

【サクッと!オススメ作家別リスト!!】

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。