伏線が素晴らしい医療ミステリー!【黙過】ネタバレ無し感想!!

医者

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は命について考えさせられる下村敦史の医療ミステリー【黙過】をネタバレ無しで紹介していきます!

最後に驚かされる連作短編小説!

概要

  • 作品名:【黙過】
  • 作者:下村敦史
  • 発売日:2018年4月21日(単行本)
  •             :2020年9年4日(文庫本)
  • 発行所:徳間書店

あらすじ

移植手術を巡り葛藤する新米医師――「優先順位」。安楽死を乞う父を前に懊悩する家族――「詐病」。過激な動物愛護団体が突き付けたある命題――「命の天秤」。ほか、生命の現場を舞台にした衝撃の医療ミステリー。注目の江戸川乱歩賞作家が放つ渾身のどんでん返しに、あなたの涙腺は耐えられるか。最終章「究極の選択」は、最後にお読みいただくことを強くお勧めいたします。

引用:徳間書店

久しぶりの下村作品

今作【黙過】でバンディーが読む下村敦史作品は2作品目になります!以前読んだ作品は江戸川乱歩賞を受賞した作品【闇に香る嘘】でこのミスにランクインしており興味が湧いたので読んでみたら、どんでん返し要素もあり面白かった作品でした!

そんな久しぶりに読む下村作品【黙過】は書店で何気なく面白そうな作品を探しているとふっと目を惹く分がありました、『あなたは5回騙される』って書いてありどんでん返しや読んでいて爽快に騙される作品好きのバンディー的には読まずにはいられない作品でした!

帯等に今作【黙過】のように『あなたは騙される!』的な煽り分数々読んで来ましたが本当に騙されたり、驚かされたりする作品はほんの一握りなので今作は『本物』かどうかも気になるところです・・・

1つ1つに驚きがある連作短編小説

今作【黙過】全5章で構成されており、1つ1つの話も切れ味があり最後に驚きがあるので読んでいて飽きる事なく読み終わりました!

以前紹介した連作短編小説で伊坂幸太郎【死神の精度】乙一【Goth】は物語自体も良く、物語全体を通して話が繋がってくる感じの構成は素晴らしいのでまたま連作短編小説を読んだ事ない方は是非ともチェックしてみて下さい!

話は戻って今作【黙過】は医療ミステリーなので各話と作品全体を通しても『命』のあり方を考えてしまう作品でした。各章それぞれ一筋縄でいかず驚きが待ってますが最後にはもっと読者の方は驚かされるでしょう・・・

確かに5回騙された!

最終話を読む前に注意書きが書いており『必ず最終話前の話を読んでから読んで下さい!』と書かれており、確かに読み終わってから注意書きに従って良かったと思え内容でした(笑)

ネタバレになるから詳しくは書きませんが確かに最終話前の全4話読んでから読むようにして下さい!書店で気になってパラパラ読む時も決して最終話は読まないように!(笑)

確かに最終話にはそれまでの各話のネタバレも含まれているのと、それまでの伏線を一気に回収しているので全て解明した時の爽快感は是非とも実際に読んで体験して下さい!しかも連続殺人やバラバラ事件が起きるような作品でもないのでそういった作品が苦手な方も楽しめます!

いや~!久しぶりに上手くまとまった連作短編小説を読みました!文庫本の帯に書かれていた『あなたは5回騙される』は確かに納得の出来で久しぶりに煽り分通りの作品で満足できました!!

【黙過】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。