発売前から話題作!?衝撃のデビュー作!【同志少女よ、敵を撃て】ネタバレ無し感想!!

ロシア

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は発売前から話題作だった逢坂冬馬のデビュー作!【同志少女よ、敵を撃て】をネタバレ無しで紹介していきます!!

久しぶりに大型新人の作品を読む!?

概要

  • 作品名:【同志少女よ、敵を撃て】
  • 作者:逢坂冬馬
  • 発売日:2021年11月17日(単行本)
  • 発行所:早川書房

あらすじ

第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作。独ソ戦、女性だけの狙撃小隊がたどる生と死。

独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親のエカチェリーナほか村人たちが惨殺されたのだ。自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。「戦いたいか、死にたいか」――そう問われた彼女は、イリーナが教官を務める訓練学校で一流の狙撃兵になることを決意する。母を撃ったドイツ人狙撃手と、母の遺体を焼き払ったイリーナに復讐するために……。同じ境遇で家族を喪い、戦うことを選んだ女性狙撃兵たちとともに訓練を重ねたセラフィマは、やがて独ソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線へと向かう。おびただしい死の果てに、彼女が目にした“真の敵”とは?

引用:早川書房

デビュー作にして直木賞候補!!

今回紹介する作品【同志少女よ、敵を撃て】は逢坂冬馬のデビュー作で、アガサ・クリスティー賞の大賞を受賞し、さらには直木賞の候補になっているとんでもないデビュー作なんです!!

バンディーはSNSで著名人がかなり推していて書店に行っても未だに特設コーナーがあり、かなり猛プッシュしていて正直最初は『あ~またゴリ押し詐欺かな・・・?』って怪しんでいましたが、あらすじを読んで面白そうだったので勇気を出して読み本当に面白いのか確かめてみようと意気込んで読みました!

実際に読んでみての感想は・・・

大変面白い作品でした!疑ってしまって申し訳ありませんでした(笑)お詫びに面白さを皆さまに伝えていきたいと思います!!

ソ連が舞台で少女の狙撃兵が主役の作品

今作【同士少女よ、敵を撃て】の舞台はソ連でしかも少女の狙撃兵が主役の作品です!

作者逢坂冬馬は日本人ですが、日本の人が書く海外作品は苦手意識ありましたが、最近少しずつ海外の小説ピエール・ルメートル【悲しみのイレーヌ】や色々の作品を読んだりしてるので読むまでのハードルは下がってますが、日本の方が書く海外の舞台が作品で名作は少ないので正直読む前は不安と期待が半々でしたので・・・。

ソ連での戦争が舞台の作品ですが読んでて感じたのは、深緑野分【戦場のコックたち】が近いイメージでした!こちらの【戦争のコックたちも】面白い作品なので今作【同志少女よ、敵を撃て】が肌にあった方は是非読んでみて下さい!!

そこまで構えなくても読めた

今作【同志少女、敵を撃て】は読んでいて戦争の描写も生々しく非常に臨場感がありましたし、それだけではなく主人公セラフィマの成長物語でもあります!もっと複雑で読み辛い作品だと勝手に思い込んでいましたが全くの杞憂で非常に読みやすかったです!

ページ数も496ページと意外にボリュームもありましたが、先が気になりあっという間に読めましたのでこれから読もうと思っている方はバンディーと同じ様にためらって構えている人は安心してください!!慣れるまでは大変かもしれませんがすぐに作品の世界観に引き込まれるでしょう!!

主人公セラフィマの物語

本作の主人公は最初は村で暮らしていた少女セラフィマ『ある出来事』を境に人生が一変し、狙撃兵を育てる学校の教官のイリーナとの出会い、仲間達との友情、戦争の恐ろしさ等々本当に『様々な要素』が入り混じった作品でした!!

読み進めて行くうちにセラフィマが成長していく姿が分かりますし、苦悩や葛藤、イリーナとの関係狙撃兵としてこれから先の運命や戦争の行方など気になりドンドン読み進めて行きました。戦争を扱った作品ですが堅苦しくないのが救いでしたね~!!

最後に!!

今作【同志少女よ、敵を撃て】はデビュー作でアガサクリスティ賞の大賞受賞や直木賞の候補になったりもうプッシュされ発売前から騒がれていましたが、読んでみてそれだけの意味がある作品でした!!

いい事ばっかり書いてもフェアでは無いので気になった部分も書いておきますが、そこまでもうプッシュするほど神作かと言われれば残念ながら決してそうではなく、やっぱり少し『周りが騒ぎすぎ』な気もします、そこまで煽っていざ読み終わってガッカリする人もいると思うし、大人の事情も関わってるのかなって勘繰ってもしまいます(笑)

素直に良い作品でしたし、意外に映像化しても面白いかもしれません、今作【同志少女、敵を撃て】だけではなく色々もうプッシュされたり煽り分が大げさな作品は鵜呑みにせずあくまで『面白さの目安』ぐらいに考え最終的には自分自身で読んでみて判断するのが一番でしょうね~!!

最後は若干マイナスの意見で終わりましたが、一度は読んでおいても損はない作品なので是非デビュー作でこれだけ騒がれている理由を確かめてみて下さい!!驚異のデビュー作なのは間違いないでしょう!!

【同志少女よ、敵を撃て】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★☆☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。