役所広司・松坂桃李主演!原作小説も最高の作品映画【孤狼の血】ネタバレ無し感想!!

刑事

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する映画は血がたぎるような警察映画!【孤狼の血】を紹介していきます!!

主演2人の演技が凄い!新たな警察映画の誕生!?

概要

  • 作品名:【孤狼の血】
  • 公開日:2018年5月12日
  • 監督:白石和彌
  • 出演:役所広司、松坂桃李
  • ジャンル:警察、アクション、サスペンス
  • 制作国:日本

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。

引用:映画.com

予告

警察×極道=虎狼の血

映画【孤狼の血】はもともとは柚月裕子の同名小説が映画化された作品です!

原作小説はシリーズ化されており3作品あるので映画を観て続きが気になる方は是非原作小説を読んでみてはいかがでしょうか?特に今作【孤狼の血】の原作小説は映画とは若干に内容も違い、小説ならではの構成になっているので必読です!!最高の小説です!!

映画【孤狼の血】は今までには無かった映画です!警察映画や極道の映画はあってもその二つの要素が上手くミックスされた作品が【孤狼の血】です!!

過激な描写があるので注意!

【孤狼の血】は極道の要素もあるので過激な描写があるので苦手な方は観る時にはご注意を!過激な描写があるのも納得で今作でメガホンを取るのは白石和彌監督で今は要注目の監督の一人です!!

過去には【凶悪】【日本で一番悪い奴ら】等も同じく暴力の描写は存在感がありそれだけでは無く作品自体もすごく面白いのです!最近発表になった事では【仮面ライダーBLACK】リブート作品を監督する事になりこの発表はかなり驚きましたが、白石監督が撮る【仮面ライダーBLACK】は一体どのような作品になるのか非常に気にはなります!かなり暴力描写が激しくなるのか(笑)!?

主演2人の演技に引き込まれた!

【孤

【孤狼の血】は昭和63年の広島が舞台の作品で当時の空気感を映像から感じられ、暴力団が今の法律が厳しくなる前の時代なので活発に行動している時代なので本当に警察映画か?と思うぐらい深く今作には関わってきます!!

バンディーは小説を先に読んでいたのですがその際にも作中に出てくる広島弁に影響され普段でも出てしまっていました(笑)それほど作品に引き込まれる程の出来であったのです!!

役所広破天荒な警官大上と松坂桃李演じる気弱そうなエリート日岡が共に行動をするのですが、大上は本当に警察官か?と思うほどの行動を起こし日岡を驚かせますが観ていくうちに二人が師弟関係に見えてきます。物語りが進むうちにある重要な出来事が起こるのですが、最後に見せる日岡の変貌ぶりには驚かされますし二人の関係性を理解する事でより活きてきます。

改めて役所広司の演技は素晴らしいなと思いました!!以前紹介した【渇き。】でもどうしようもないも無い役柄を演じていましたが今作【孤狼の血】では同じとんでもない役柄ですが見事に演じ分けていました!!

映画【渇き。】の感想記事はこちらです!!

さらに松坂桃李の演技も素晴らしくいつも優しい演技を見せる俳優さんだったので、今作で見せる鬼気迫る演技で魅了されました!!別の作品【ユリゴコロ】でもその片鱗を見せているのですが・・・

続編映画も期待!!

今作【孤狼の血】が気に入ったあなたに朗報です!!

なんと続編作品【孤狼の血 LEVEL2】が公開されます!!

バンディーが続編に期待するのはなんと言っても原作小説の続編を映画化では無く完全オリジナルの続編映画なのです!!これはかなりうれしいですね~!!一体どのような作品なり前作を超えれるのか期待ですね!!

【孤狼の血】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

1 Trackback / Pingback

  1. ありきたりなバディ物刑事映画と思いきや!?【トレーニングディ】ネタバレ無し感想!! - 阿波の踊り子〜ban-dブログ〜

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。