トリックに衝撃を受けた映画【プレスステージ】ネタバレ無し感想

人

ハイ!ど~も、バンディーです!!

2人のマジシャンの因縁!?復讐劇を描いた【プレステージ】を紹介します!!

復讐劇の裏に隠された驚愕の事実!!

概要

  • 作品名:【プレステージ】
  • 公開日:2006年10月20日
  • 監督:クリストファー・ノーラン
  • 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール
  • ジャンル:サスペンス・ミステリー
  • 制作国:アメリカ合衆国・イギリス

あらすじ

「メメント」「バットマン・ビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が、クリストファー・プリーストの小説「奇術師」を映画化。19世紀末のロンドンを舞台に、ライバル関係にある2人の天才マジシャンが、お互いの意地とプライドを賭けて戦いを繰り広げる。主演のマジシャン2人にはヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベール。マジック監修はデビッド・カッパーフィールドが担当。

引用:映画.com

予告編

2人マジシャンの復讐の先には・・・

【プレステージ】を初めて観た時、最後のトリックが分かった時は愕然としました!!観終わった後疑問点や気になったポイントを落ち着いて余韻に浸りながら考察した記憶があります!一回観ただけでは伏線や物語が分かりずらいと思うので2回観ることをおススメします!!

2人の天才マジシャンは自身のプライドの為に相手を潰しにかかるぐらいの勢いでお互いを貶めていくのですが、双方の意地のぶつかり合いには狂気を感じました。

もともとは同じマジシャンの師匠の元で働いていた2人はある出来事をきっかけに関係性は大きく崩れていきます、それぞれに自分自身の人生・生活がありますが互いの復讐の先に驚愕の事実が判明するのですが、バンディーは驚きと悲しみが襲ってきました。

やはり監督はクリスファート・ノーランなので満足する映画を提供してくれました!!

ノーラン監督の映画はハズレがない!!

やっぱりバンディーはクリストファー・ノーラン監督は大好きな監督ですね~!

最近感想をかいた映画【TENET】も最高の映画でした!!

一番初めてノーラン監督を知ったのは【メメント】でした、この作品も今まで自分の中の映画の概念をぶっ壊してくれた作品で今でも脳裏に焼き付いています!!

大好きなバットマンを映画化してくれた事にも感動しましたが、【ダークナイト】では全世界を興奮させてくれ、作品も高い評価を受けました!ジョーカーを演じたヒース・レジャーは上映前に亡くなってしまいましたが、彼が演じたジョーカーは狂気そのものでした!

他にも【インセプション】、【インターステラー】、【ダンケルク】等唯一無二の作品を撮り続けています!常に最新作を期待される監督の一人ではないでしょうか?

バンディーは早くも【TENET】の次の作品が楽しめでしかたありません!!

叫び

バンディー的感想

マジシャンが主役の映画はあまり無かったので、非常に興味を惹かれました。

テレビではマジシャンがマジックをしているのを観た事はありますが、現実にはバンディーは生でマジックを未だに観た事がありません!

どちらかと言うとあまり信用しないタイプ何で実際にこの目で確かめないとマジックの凄さは分かりません、もちろんマジックなのでトリック(タネ・仕掛け)はあります。

それをいかに見破られないように動作で観客の意識をそらせ、マジックを実行するか、心理学と技術がなせる技なんだと思います。

人間が本当に消えたりしたら、それはマジシャンではなく魔法使いになってしましますね(笑)

今回紹介した映画【プレステージ】の主人公2人のマジシャンは単なるマジックなのか?それとも・・・

【プレステージ】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★☆☆☆

映画【プレステージ】はAmazon プライムビデオで

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。