波乱万丈!映画【ウルフ オブ ウオールストリート】ネタバレ無し感想

お金

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回は映画【ウルフ オブ ウオールストリート】を紹介していきたいと面白います!

1人の男の波瀾万丈人生!!

f:id:band0116:20200623193513j:plain

映画情報

公開日:2013年12月15日

監督:マーティン・スコセッシ

出演:レオナルド・ディカプリオ

ジャンル:伝記 · コメディ映画  · クライムフィクション

制作国:アメリカ

あらすじ

学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

引用:シネマトゥデイ

予告編

[http://:title]

バンディー的感想

観終わった率直の感想は【俺にこのペンを売ってみろ!!】が強く印象に残りました。

(観終わったら分かるはず!!)

バンディー原作は読んだ事ないですが、実在の人物(ジョーダン・ベルフォート)の回想録が映画のベースになってます。

監督のマーティン・スコセッシは、ロバート・デ・ニーロ主演【タクシードライバー】、今作にも主演しているディカプリオの【ディパーテッド】、【シャッターアイランド】等有名作品を監督している巨匠ですね。

そんなマーティン・スコセッシがどのように【ウルフ オブ ウオールストリート】を仕上げてきたのか、期待は高まりますね!

映画の内容はディカプリオ演じる主人公ジョーダンの成り上がり物語です。

日本公開版ポスターキャッチコピーが「貯金ゼロから年収49億円 ヤバすぎる人生へ、ようこそ。」

 0円から49億へ

物語の前半がジョーダンが成り上がっていく物語なんですが、最初は好青年だったジョーダンが成功し大金を稼いでだんだんとそのお金のせいで狂っていくんですね~。

絵にかいたような転落人生!!

成功していくまでの過程は観ているバンディーもワクワクしながら観ていました、軌道に乗り始め会社を興すのですが、どうしようもないメンバーをジョーダンが鍛え上げどんどん会社も大きくなっていきます。

 転落から・・・

もともとお金の儲け方もダーティーな方法なので、ある時を境に物語は大きく急降下していきます。

FBIにも目を付けられ悪い出来事が重なりこの先ジョーダンはどうなるのか?

急成長を遂げた会社、仲間たちの運命は・・・・・

やはりは急激に伸びた組織や会社は大きくなり過ぎたら統制が取れなくなり各々

の思惑が重なり制御できなくなってしまうものなのですかね、ダーティーなお金の稼ぎ方をして大金を得た分、お金が人々を狂わせていったのでしょうね。

【ウルフ オブ ウオールストリート】約3時間と長時間なのですが、物語も面白かったのでグイグイ引き込まれましたが、個人的には2時間~2時間30分ぐらいでもちょうど良かったかもしれないです。

レオナルド・ディカプリオを初めて観た映画は【ロミオ+ジュリエット】ですね、【タイタニック】で一躍有名になりましたが、当時見たときは本当に王子様みたいでしたね。

けど本作と【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】でも本当に渋い役者になりましたね(何様目線!!)

すごくいい歳の取り方をしてますね、バンディーもディカプリオみたいな歳の取り方をしたいものです。

やっぱり男たるもの成功してなんぼ!夢は大きく持たないといけない!!

そう思える映画でした!!

【ウルフ オブ ウオールストリート】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★☆☆☆

ウルフオブウオールストリート観るなら<U-NEXT>

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。