戦時中の大阪が舞台の小説!【大鞠家殺人事件】ネタバレ無し感想!!

屋敷

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は芦辺拓【大鞠家殺人事件】をネタバレ無しで紹介していきたいと思います!!

昭和20年代を描いた作品で、戦時中の大阪が舞台の小説ですがどのようにミステリー要素が上手く合わさるか楽しみですね~!!

大鞠家にまつわる事件のお話

屋敷

概要

  • 作品名:【大鞠家殺人事件】
  • 作者:芦辺拓
  • 発売日:2021年10月15日(単行本)
  • 発行所:東京創元社

あらすじ

大阪の商人文化の中心地として栄華を極めた船場。戦下の昭和18年、陸軍軍人の娘・中久世美禰子は婦人化粧品販売で富を築いた大鞠家の長男に嫁いだ。だが夫・多一郎は軍医として出征し、美禰子は新婚早々、一癖も二癖もある大鞠家の人々と同居することになる。やがて彼女は一族を襲う惨劇に巻き込まれ……大阪大空襲前夜に起きる怪異と驚愕の連続を描いた、正統派本格推理の歴史に新たな頁を加える傑作長編ミステリ!

引用:東京創元社

大きなミステリー賞をW受賞した作品!

以前紹介した逸木裕の連作短編小説【五つの季節に探偵は】日本推理作家協会賞短編部門を受賞しましたが、その時に長編部門を受賞したのが、今作【大鞠家殺人事件】なんですね~!!両方とも面白かったのでこの時の推理作家協会賞は豊作でしたね!!

さらには日本推理作家協会賞だけではなく何と何と!!本格ミステリー大賞を受賞し、ミステリー作品では大きな賞をW受賞した今作【大鞠殺人事件】ですが、期待値が上がっちゃいましたが、しっかり期待に応えてくれた作品でした!!

史実+ミステリー作品!?

今作【大鞠家殺人事件】は戦時中の大阪が舞台の『史実とミステリー』が融合した作品で、当時の情勢や背景等が色濃く反映されています!

史実が取り込まれている作品は他にバンディーが読んだ中では西村健【地の底のヤマ】は福岡の三池炭鉱が舞台で1人の警察官の人生を描いた作品なのと、もう1つは坂上泉【インビジブル】は今作と同じ大阪が舞台ですが、年代は戦後を描いています!

あとは雰囲気が似ている作品は三津田信三【幽女の如き怨むもの】降田天【すみれ屋敷の罪人】もバンディーは読後感は同じだと思いましたが、トリック等は違うのでそれぞれ作品の良さがありますし面白い作品なので機会があれば是非読んでみて下さい!

全てフィクションの作品も面白いですが、今作【大鞠家殺人事件】のように史実が入り交じった作品もその時代背景等が学べるので違った面白さがありました!いつもこういった作品を読み終わって思うのは学生の時にもっと勉強しておけば良かったな~って思いました(笑)

正統派ミステリー作品

今作【大鞠家殺人事件】はイメージ通りと言うか予想通りと言いますが、正統派なミステリー作品だと思いました!

しっかり謎があり、それを解く探偵も勿論健在です!『騙された!』って思わされる部門もあり、正統派ミステリーで最期まで楽しめましたね~!

歌野正午【葉桜の季節に君を想うということ】殊能将之【ハサミ男】のような大胆なトリックを期待する方はがっかりするかもしれませんが、それ以上に読み終わった後満足すると思いますし、日本推理作家協会賞と本格ミステリー大賞をW受賞した意味が分かると思います!!

ミステリー愛を感じた!?

今作【大鞠家殺人事件】を読んでて思ったのは『ミステリー愛』を感じました!詳しく書いたらネタバレにもなるのでふんわり書きますが、読んだ方は同じ感想を抱くはず!?

作品の登場人物大鞠家の次男茂彦はミステリー小説が好きで、数々のコレクションの本を所有している描写が描かれています、茂彦がミステリー好きな影響で末っ子の文子もかなり影響を受けており、大鞠家に探偵がやって来た時も率先して相手をしていたのが印象的でした。全く関係のない描写に思えますが後に重要な意味を持ってきます・・・。

そんな昔からあるミステリーをバンディーもリアルタイムで体験したかったですが、現代の仰天するようなトリックを味わった今なら物足りなく感じるかもしれませんね~!

実際に起こったかもしれない・・・

今回紹介した【大鞠家殺人事件】を読んで思ったのは、犯人の動機になる部分はミステリー小説というフィクションであるが、実際に戦時中に同じような出来事があっても不思議では無いなと感じました。

最初は戦時中の作品で気が重く読むのが躊躇われましたが、いざ読んでみると面白くグイグイお話しに惹き込まれました!決して派手な作品ではないですが、万能型のミステリー作品でした!

始まりかたも、間の謎や大鞠家や関係する人達のやり取り、肝心なミステリー部分のおもしろかった、そして終わりかたも満足出来た作品でした!年末のミステリーランキングに一体どの位の順位に食い込むのか楽しみです!!

【大鞠家殺人事件】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

【バンディー的オススメ作者別リスト】

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. 女性探偵の五つの時代と季節を描いた作品!【五つの季節に探偵は】ネタバレ無し感想!! - 阿波の踊り子〜ban-dブログ〜
  2. 数々の賞にランクインした歴史ミステリー!【ベルリンは晴れているか】ネタバレ無し感想!! - 阿波の踊り子〜ban-dブログ〜

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。