ダニエル・クレイグ版【007】シリーズをまとめて観ての感想!!

スパイ

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回はダニエル・クレイグ版【007】シリーズ4作品今さらながらイッキにまとめて観たので、バンディーなりの感想を書いていきます!

ダニエル・クレイグ版【007】シリーズは最高だった!!

概要

  • 作品名:【007】『カジノロワイヤル』、『慰めの報酬』、『スカイフォール』、『スペクター』
  • 公開日:シリーズ順に2006年11月16日、2008年10年31日、2012年10月26日、2015年11月6日
  • 監督: シリーズ順にマーティン・キャンベル、マーク・フォースター、サム・メンデス『スカイフォール・スペクター』
  • 出演:ダニエル・クレイグ
  • ジャンル:アクション
  • 制作国:イギリス・アメリカ

あらすじと予告

バンディー的感想を書く前にまだ観た事ない人向けにダニエル・クレイグ版【007】シリーズのあらすじと予告を紹介しておきます!!

【カジノロワイヤル】

プラハでの内部汚職の根を絶ち、殺しのライセンス・00(ダブルオー)を得たボンドはマダガスカルで、ある爆弾密造人の監視をしていた。監視に気付いてアフリカ某国の大使館に逃げ込んだその男の携帯電話に残されたメッセージ「エリプシス」の糸を手繰り、ボンドはバハマのホテルへ向かう。そこでメッセージの送信者である武器商人ディミトリオスと、その妻ソランジュと接触したボンドは、マイアミ国際空港で披露される超大型旅客機の爆破計画を知る。この計画に絡んでいるとして、ボンドはMからル・シッフルという男の情報を得る。

引用:Wikipedia

予告

【慰めの報酬】

あらすじ

場所はイタリアの古都シエーナ。ボンドは、謎の組織の車と激しいカーチェイスを繰り広げた。その後、何とか銃撃をかわしてミスター・ホワイトを「M」のもとに連行するも、尋問中に仲間内で突然の裏切りが起こる。結局、ミスター・ホワイトは裏切り者の手引きにより逃走、ボンドは裏切り者を追跡の末、生け捕りにせず殺してしまう。

相変わらず組織から理解されずにいたジェームズ・ボンドは、将来を誓い合いながらもヴェネツィアで死んだ英国金融活動部(FATF)のヴェスパーを操っていた男、「ミスター・ホワイト」を唯一の手掛かりとしてその背後にある組織を探っていた。

引用:Wikipedia

予告

【スカイフォール】

あらすじ

「007」をコードネームに持つMI6のエージェント、ジェームズ・ボンドは新人女性エージェントのイヴとともにトルコでの作戦に参加していた。その最中、MI6の工作員たちが殺され、各国のテロ組織に潜入している全てのNATOの工作員の情報が収められたハードディスクが奪われた。ボンドはディスクを取り戻すべく、実行犯であるフランス人傭兵パトリスを追跡する。イヴはパトリスに照準を合わせようとするが、ボンドと列車の上で格闘しているため射撃できない。MI6部長・Mの指令により彼女が発砲すると、銃弾はボンドに当たってしまう。ボンドは峡谷に落下し行方不明となり、パトリスは逃亡を果たす。

引用:Wikipedia

予告

【スペクター】

あらすじ

メキシコシティで催されている「死者の日」において、ジェームズ・ボンドは建物の屋上から窓越しにスキアラという男に銃口を向け発砲、スキアラがスタジアム爆破テロのため用意していた爆薬入りのスーツケースが被弾して爆発し、スキアラの居た建物は倒壊。辛くも逃げおおせたスキアラを追うボンドは、爆発による混乱の中でヘリコプターで逃亡しようとしていたスキアラを追い詰め、彼の手からある紋章の刻まれた指輪を奪うと、最終的にヘリから地上へ突き落とす。

引用:Wikipedia

予告

はじめての【007】

バンディーが初めて観た【007】の作品はピアース・ブロスナン【ゴールデンアイ】を小学生の時に観てジェームズ・ボンドってスマートなスパイでカッコいいな!って思っており、やはり『スパイ』は子供ながらに憧れ?の存在でしたね~!

当時は映画の【007】はそこまで理解して観れてなかったのですが(笑)何よりも以前にも紹介しましたが、任天堂64の神ゲー!【007 ゴールデンアイ】を学校が終わったら友達と毎日ゲラゲラ笑いながら遊んでおり【007】と言えばゲームの印象が強かったです!30代以上の方は同じような体験している人が多いのではないでしょうか!?

ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド

バンディーは先ほど書いた通り世代的には『ジェームズ・ボンド』と言えばピアース・ブロスナンの印象が強かったのですが、新しく6代目ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグが演じるって知った時は違和感がかなりあり当初は進んでダニエル・クレイグ版【007】を観る気にはならなかったのでした。

やはり世間的にもダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドに否定的な意見が多かったみたいでした、しかしダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じた第1作目の【カジノロワイヤル】が公開されるとそれまでの批判的な意見を吹き飛ばすぐらい映画としては成功を収めました!

バンディーもダニエル・クレイグ版【007】シリーズ4作品観終わった後はジェームズ・ボンドと言えばダニエル・クレイグでしょ~!!と思える程素晴らしく今までのジェームズ・ボンド像をぶち壊し、批判を見事な演技力で称賛に変えた外野を黙らせたダニエル・クレイグはカッコいいですね!

シリーズ4作品を観た感想

以前の【007】シリーズは単品物語が終わる感じでしたが、ダニエル・クレイグ版の【007】はシリーズ全体を通して話が繋がっている部分が面白いです!もちろん【カジノロワイヤル】・【慰めの報酬】・【スカイフォール】・【スペクター】共に単品でもストーリーがあるのでそれぞれ面白いのは当たり前ですが、シリーズ通して話が繋がっているので統一感があるので大作を観ている感じが強まっているように思えました!!

登場人物も何作品にも渡って登場しますし、同じみの『M』『Q』も登場するのでやはりダニエル・クレイグ版【007】を観る場合は必ずシリーズ順に観た方がいいです!前作のネタバレもしてしまいますし、登場人物を知っておくとより楽しめますからね!!

シリーズ毎に必ず敵役が登場しますが、バンディーが一番印象に残った人物は【スカイフォール】に登場するシルヴァが強烈に印象に残っており演じているのは【ノーカントリー】アカデミー助演男優賞を獲得したハビエル・バルデムでサイコキラーを熱演していました!【スカイフォール】でもしっかりと恐ろしい敵役シルヴァを見事に演じていました!!

気に入った部分

ここからはバンディーがダニエル・クレイグ版【007】シリーズの気に入った部分を書いていきます!

ストーリーが秀逸

今作の【007】シリーズはダニエル・クレイグ版より前の【007】に比べてかなりシリアスな作りになっています!!以前の完璧なスパイで笑える部分も多かった作風もいいのですが、以前紹介したクリストファーノーラン監督【ダークナイト】シリーズもかなりシリアスなバットマンになっていましたが同じ雰囲気がしました!バンディーは今のシリアスな【007】の方が好きですね~!!よりストーリーが際立って魅入ってしまいます!

毎回裏切りが起こり驚かせてくれましたが、【スカイフォール】で起きた出来事にはかなり衝撃を受けましたね!!この部分を味わって貰いたい為先ほども書きましたがにも必ずシリーズ順に観て下さい!!作品全体を通しても謎も気になる所です!

とにもかくにもボンドカー!!

やっぱり【007】に欠かせないのはボンドカーですね!!車好きのバンディーとしては気になるポイントでピアース・ブロスナンの時のボンドカーはBMWでそれもカッコ良かったのですが、ダニエル・クレイグ版のボンドカーはアストンマーティンで品格がありセクシーな車です!まさに選ばれし者しか乗れえないようなイメージです!(笑)中でも【スペクター】に登場するアストンマーティンDB10で無茶苦茶カッコいいんですよ~!ボンドにピッタリの車です!しかもこのアストンマーティンDB10はこの映画の為だけに10台しか生産されていないみたいで驚きました!!

ガジェットがカッコいい!

【007】と言えば何と言っても秘密兵器(ガジェットが魅力的で、車に搭載された銃やミサイルさらにはバックファイヤーも登場しますし、時限爆弾が搭載された時計や、指紋認証でボンドしか使用できない銃など男心をくすぐる秘密道具ばかりでそれらを観るのも一つの楽しみです!!

ビシっと決まったスーツ姿に時計はオメガロレックスではなくオメガの所が英国紳士ぽくっていいですね!バンディーもいつかオメガの時計を勝手ボンドの様にカッコよく身に着けたいものです!無理ですが(笑)

男が憧れる人物像!?

ジェームズ・ボンドみたいになりたいと思うのは男の性ではないでしょうか!?強くてカッコよく女性にもてる(笑)最強ですね!!まさに英国紳士!!

ダニエル・クレイグもしっかりボンドを演じ切っておりアクションもしっかり見せてくれますし、やっぱりあんたが1番だよ!!同じく有名スパイ映画で【ミッションインポッシブル】もありますがトムクルーズ演じるイーサン・ハントも魅力あるスパイですが、今はダニエル・クレイグのボンドの方が好きですね!!今でもずっとイーサン・ハントを演じているトム・クルーズも化けもんですね!(もちろんいい意味で!!)

若干気になった点

ダニエル・クレイグ版【007】はほとんど非の打ち所がない作品ですが、唯一バンディーが気になったのは『敵との追いかけっこ→カーチェイス→ボンドガールとの恋→裏切り→ボス撃破』みたいなやっている事のベースは同じ何でそこが少し残念でしたね・・・『またか・・・』って思っちゃうんですがいい意味で言えば様式美ですね、これらを含めて【007】シリーズなのかもしれませんが(笑)後はドンドン話が進み展開が早い点ぐらいですかね~!!

ダニエル・クレイグ版ボンドの最終作に期待!!

ダニエル・クレイグ版の【007】を4作品観た感想を書いてきましたが、遂にダニエル・クレイグ版のジェームズ・ボンドの最終作【ノータイムトゥダイ】が公開されます!!楽しみすぎて仕方がない!!

バンディーがそもそもダニエル・クレイグ版の【007】シリーズを一気にまとめて観たかと言うとこの最新作【 ノータイムトゥダイ】 の予告を観て虜になりその前に最初真剣にダニエル・クレイグ版のボンドと向き合おうと思ったのです(笑)今までシリーズを追ってきた人は絶対楽しみでしょうし、まだ全くダニエル・クレイグ版の【007】を観た事ない人も観ておいて損は無いのでダニエル・クレイグ版の【007】シリーズは1度は観ておくべき作品です!!

ノータイムトゥダイ】予告

ダニエル・クレイグ版の【007】シリーズ

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★★☆

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. ダニエル・クレイグ有終の美!?映画【007 ノータイムトゥダイ】ネタバレ無し感想!! - 阿波の踊り子〜ban-dブログ〜
  2. ダークな世界観が魅力的な映画!?【ドラゴンタトゥーの女】ネタバレ無し感想!! - 阿波の踊り子〜ban-dブログ〜

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。