北欧の映画が熱い!?【THE GUILTY/ギルティ】音で事件を描く映画!ネタバレ無し感想!!

電話

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品はデンマーク産の映画【THE GUILTY/ギルティ】(以下ギルティ)です!最近よく北欧系の映画を観る様になりました、以前紹介した【特捜部Q】もデンマーク産の映画でした重厚感がある作品が多いイメージですね!これからもドンドン北欧映画が増えてきそうな予感です!!そんな期待の中での【ギルティ】は一体どんな作品なのかネタバレ無しで紹介していきます

聞こえてくる【音】で想像しながら楽しむ革新的な映画

概要

  • 作品名:【THE GUILTY/ギルティ】
  • 公開日:2018年6月14日
  • 監督:グスタフ・モーラー
  • 出演:ヤコブ・セーダーグレン
  • ジャンル:サスペンス
  • 制作国:デンマーク

あらすじ

過去のある事件をきっかけに警察官として一線を退いたアスガーは、いまは緊急通報指令室のオペレーターとして、交通事故の搬送を遠隔手配するなど、電話越しに小さな事件に応対する日々を送っている。そんなある日、アスガーは、今まさに誘拐されているという女性からの通報を受ける。車の発進音や女性の声、そして犯人の息づかいなど、電話から聞こえるかすかな音だけを頼りに、アスガーは事件に対処しなければならず……。

引用:映画.com

予告

色々と異色な映画【ギルティ】

今回紹介する映画【ギルティ】は色々と異色で革新的な映画だと観終わって思いましたね~!!

まず今作【ギルティ】終始緊急オペレーター室内でのやり取りが主で、刑事が事件現場に向かって手がかりを見つけて銃撃やカーチェイスの末犯人を対尾するようなド派手さは無く、電話でのやり取りでたい人では無く相手の【音】(話し声や周りから聞こえる音等)からしか情報を得られないのでそれを基に観ている我々は色々と想像しながら観ないといけない訳です!!

こう書いているだけでは何ともつまらなさそうな映画だと思われるかもしれませんが、そう思う人は尚更映画を観るべきだと思います!情報が【音】しか無い分想像して何が起こっているのかを自分自身の頭の中で描きながら観るのと映画の主人公アスガーと同じ様な気持ちになりながら観るので没入感が凄くあります!【音】だけでやり取りしていた場面を映像として表現していればその映し出される映像が答えなので様々な解釈がしようがなく面白みははんげんしていたでしょうね~!!

オペレーター室でのやり取りだけと書いていて思い出したのは、以前に紹介した映画【search/サーチ】も同じ様にパソコン上だけのやり取りだけで描かれた映画で傑作でした!やはり今あるありきたりな設定の映画より新しい設定の映画の方が面白さに期待が持ってますね!反対につまらない映画も出てきているとは思いますが・・・

主人公は緊急通報指令室のオペレーター

今作【ギルティ】の主人公アスガーは緊急通報指令室オペレーターでそこにかかってくる様々な内容の事に対処しています。大体の映画の主人公は刑事だったり探偵だったり花のある職業に就いていますがアスガーは 緊急通報指令室オペレーター で今まではほとんど表舞台に出てくることの無い職業なのでその部分も今までの映画と比べて異色だなと思い反対に興味が湧きました!

小説でもやはり探偵や刑事が主役の作品は数多くありますが、同じ様に小説界でも異色だった作品が以前紹介した今野敏【隠蔽捜査シリーズ】です!こちらも刑事が主役ではなくエリートの管理職が主人公なので今までに見た事ない新たな警察小説のジャンルを作ったといっても過言では無いのですが、その中でも【果断 隠蔽捜査2】がイチオシなので気になる方は是非1度読んでみて下さい!!

緊迫感があり意外な結末もある映画

今作【ギルティ】を観始めた頃には主人公のアスガーは最初から 緊急通報指令室オペレーター なのですが、所々の会話にどうやら過去に刑事時代に失敗を起こしており左遷のような形で現在は緊急通報指令室オペレーター で働いているのが分かります。

やる気がないのか他の同僚との関係性は良くないように見えオペレーターの対応も塩対応で熱心に仕事に取り組んでいるようには見えませんでした(笑)

なんなやる気のないアスガーのもとに一件の誘拐の緊急連絡が入るのですがそこから物語は急展開が訪れます!被害者とその家族たち、現場の警察官とのやりとり他の指令室や元同僚とのやり取りが全て電話でのやり取り【音】のみなので相手の顔が全く分からず視覚での情報が無い分頭でイメージしながらなのでとてもスリリングで88分という時間はあっという間に過ぎました!!

終盤になると重大な真実が発覚しそこからは今まで想像してきたものが反転してしまうでしょう!!主人公アスガーの過去の問題も絡み合い最後には言葉には表しづらい感情がこみ上げてきました!北欧の映画だと言って侮るなかれ!これからもドンドン面白い北欧映画は登場してくるでしょうな~!!

【THE GUILTY/ギルティ】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。