話題沸騰!? アカデミー賞受賞作【パラサイト 半地下の家族】本当に騒がれる程の作品か挑んでみた!

ハイ!ど~も、バンディーです!!

 

 

今回は色々話題になった【パラサイト 半地下の家族】本当に騒がれる程の作品なのか?

バンディー的感想を書いていきたいと思います!

 

 

f:id:band0116:20200728235650j:plain

半地下の家族とは一体!?

目次

 

映画情報

【パラサイト 半地下の家族】

 

公開日:2019年5月30日

 

監督:ポン・ジュノ

 

出演:ソン・ガンホ

 

ジャンル:ブラックコメディ  · スリラー

 

制作国:大韓民国

 

あらすじ

全員失業中。日の光も、電波も弱い“半地下住宅”で暮らす貧しいキム一家。大学受験に失敗し続けている長男ギウは、ある理由からエリート大学生の友達に家庭教師の仕事を紹介される。身分を偽り訪れた先は、IT企業を経営するパク社長一家が暮らす“高台の大豪邸”。思いもよらぬ高給の“就職先”を見つけたギウは、続けて美術家庭教師として妹ギジョンを紹介する。徐々に“パラサイト”していくキム一家。しかし、彼らが辿り着く先には、誰にも想像し得ない衝撃の光景が待ち構えていた―。ツイストを効かせながら猛烈に加速していく100%予測不能な展開。喜怒哀楽、全ての感情が揺さぶられる、唯一無二の最高傑作が誕生した!

引用:『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイト

 

予告動画

[http://:title]

 

バンディー的感想

【パラサイト 半地下の家族】を知る

【パラサイト 半地下の家族】カンヌ国際映画祭パルムドール受賞したり、アカデミー賞の作品賞を受賞したりとかなり話題になりましたね!

しかも非英語作品の作品賞受賞は史上初です!凄い快挙ですね!!

 

バンディー自身もアカデミー作品賞を受賞した時に初めて知っていつか観たいと思っていた作品です!

 

しかしバンディー的にはアカデミー賞作品賞は以前紹介した【ジョーカー】が受賞すると信じていたのでかなり残念でした!

だから余計に【ジョーカー】を押しのけて作品賞を受賞した作品なので気になっていました!!

 

ban-d-blog.hatenablog.com

 

かなりハードルが高くなった作品とどう対峙するか?

映画館で観たかったのですが、コロナの影響で観れなかった為、レンタルされるまで我慢して待っていましたがやっと観ることが出来ました!!

 

ただ色々な前情報でかなりバンディーの中でハードルが上がってしまった作品なので一体どうなるか!?いざ勝負って感じで観ることにしました(笑)

 

いつもハードル上がっている作品を観る時は苦労します。

カメラを止めるな!の時もそういや大変だったな・・・・

 

作品の感想

 そもそも半地下ってあんまり聞きなれない言葉だったんで軽く調べたら、韓国では未だに約82万人が半地下で暮らしています。

「貧困家庭の象徴」みたいなものですね。

 

内容全く分からない時に勝手にタイトルだけで、『主人公たちが裕福な家庭の家族の生活を乗っ取っていく話』『実は乗っ取った先の家族も実は訳アリの家族であった!』

を考えっていましたが違いました(笑)

 

そんな単純な話では無かったですね、物語は前半は比較的ゆっくり進んでいきますが、1時間が経った頃から急に雲行きが怪しくなっていきます・・・

 

後半から物語は一気に加速していき物語の終焉まで走り抜けていきます!

ジェットコースターの様に駆け巡っていきましたね~

 

前半と後半の落差と緩急の差が激しかった印象が強いです!

まだ未見の方はめまぐるしい展開に翻弄されてください!!(笑)

 

最後に

最後はバンディー的に残念だった部分を述べて締めたいと思います・・・

 

最初の方にも書きましたがやっぱりハードルが上がりすぎる作品は中々素直に観るのが厳しくなりますね。

 

カメラを止めるな!もかなり盛り上がり、有名人もTwitter等で推してたりしてましたが、バンディーはダメでしたね・・・肩透かしを食らいました。

絶対に【カメラを止めるな】を推してた有名人が推す作品は信じねぇ~からな!!!

 

残念なことに【パラサイト 半地下の家族】もバンディーの中で同じ結果になってしまいました・・・・

 

多分貧富の差や格差社会のことをメッセージとして織り込んでいたのかも知れませんが(多分・・・)多分バンディーはアカデミーやパルムドール等の受賞等を抜きにしても、ハードルを下がっていたとしても、めちゃめちゃ面白い!!って感想にはならなかったと思います!!

 

ネタバレ厳禁!!と公式でも煽っておきながらそんな程度か・・・と思ってしましました。

 

変にハードルを上げたり、過度に煽っていくってスタイルはあまり宜しく内容に思えますね。

 

けど上がったハードルを軽々越えてくる作品は名作と認めざるえませんね

最近ではやっぱりバンディーは【ジョーカー】が近年ではピカイチでした!!

 

【パラサイト 半地下の家族】の感想なのに最後に別の作品を推してしまうという・・・

 

けどアカデミー賞パルムドール受賞するってことは何かしら魅力があるって事ですよ多分・・

ポンコツバンディーは見抜けなかっただけかも知れませんので、まだ未見の方は観て真偽を確かめてみては如何でしょうか!?

 

 

 

 【パラサイト 半地下の家族】

バンディー的オススメ度

★★★★★☆☆☆☆☆

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。