720通りの物語!?こんな本読んだ事ない!道尾秀介ミステリー小説【N】ネタバレ無し感想!!

蝶

ハイ!ど~も、バンディーです!!

今回紹介する作品は道尾秀介のミステリー小説【N】をネタバレ無しで紹介していきます!!いや~それにしても今作【N】は今までの本の概念をぶっ壊す作品です!!

全6話を読む順番はあなた次第!

概要

  • 作品名:【N】
  • 作者:道尾秀介
  • 発売日:2021年10月5日(単行本)
  • 発行所:集英社

あらすじ

すべての始まりは何だったのか。結末はいったいどこにあるのか――。「魔法の鼻を持つ犬」とともに教え子の秘密を探る理科教師。「死んでくれない?」鳥がしゃべった言葉の謎を解く高校生。定年を迎えた英語教師だけが知る、少女を殺害した真犯人。殺した恋人の遺体を消し去ってくれた、正体不明の侵入者。ターミナルケアを通じて、生まれて初めて奇跡を見た看護師。殺人事件の真実を掴むべく、ペット探偵を尾行する女性刑事。全六章。読む順番で、世界が変わる。あなた自身がつくる720通りの物語。道尾秀介が「一冊の本」の概念を変える。

引用:集英社

やはり道尾作品一捻りあるから読みたくなる!

今作【N】もそうですが道尾作品は作品に一捻りがあるからついつい新しい作品も読みたくなるんですよね~!!【いけない】もミステリー小説にイラストや挿絵を観る事で真相が判明する作りとか『ワクワク感』が高ぶりますよね~(笑)

今年は道尾秀介の新刊が2作品も読めて幸せですね~!以前紹介した前作【雷神】も今までの道尾作品のいい部分が上手く昇華された作品で年末のミステリーランキングにも必ず入ってくるでしょうね~!!【いけない】から本自体に新たな試みに挑んでいる感じがしそれまでは道尾作品と言えば【向日葵の咲かない夏】【ラットマン】のようにどんでん返しが素晴らしいイメージでしたが、ミステリー要素を抑えた作品や直木賞を受賞したりと様々な作風の本があるのも凄いですよね!

そんな道尾秀介が仕掛ける新たな試み【N】は一体どんな作品だったのか!?

人によって720通りの物語が生まれる!?

今作【N】は全部で6つの話が描かれています!

  • 『名のない毒液と花』
  • 『落ちない魔球と鳥』
  • 『笑わない少女の死』
  • 『飛べない雄蜂の嘘』
  • 『消えない硝子の星』
  • 『眠らない刑事と犬』

といった具合に全部で6つの話がありますが第○章みたいな表記は無いので作者が進める通り、読者が読みたい順番で好きに読んで行っていい作品なんです!!しかもどの順番で読むかによって見えてくる景色が人それぞれ違うと思います!なんと言っても720通りの読み方が出来るので人によっては全く印象が変わる作品です!!

しかも各話の毎に上下が逆さになっているので本をくるくる回しながら読んで行きましたね(笑)そんな本ありましたかね!?作者のこういった遊び心と言うか企みには評価と敬意を示したいですね!!

連作短編小説!?

今作【N】は短編でもありますがバンディーは連作短編小説だと思っています!別の章で読んでいた何気ない出来が別の章で重要な意味を持っていたりするので読んで行くごとに新たな発見があるので飽きないでしたね!

時系列はバラバラだったりしますが繋がっていくのでバンディーは連作短編小説だと感じました!ただ1話事にもどの順番で終われるようにしっかり綺麗なオチがついていますし、1話1話の話の高く面白いしどんでん返しのある話もあるのでバラエティーに富んでいましたね!!

参考までに

参考までにバンディーは今作【N】『眠らない刑事と犬』→『消えない硝子の星』→『笑わない少女の死』→『落ちない魔球と鳥』→『名のない毒液と花』→『飛べない雄蜂の嘘』という順番で読みましたが非常に満足いく順番で読めたと思っています!(笑)

特に『眠らない刑事と犬』『笑わない少女の死』は抜群に面白く印象に残りました!しかし、冷静に考えてみると上で紹介した自分で決めた読み方をしたからこそ、その2つの話が印象に残ったのかもしれません・・・恐るべし!道尾秀介!!

バンディーは伊坂幸太郎【ラッシュライフ】は話が少しづつ繋がっていき最後にとんでもない真実が浮かび上がるのですが、そういった構成が好きだから連作短編小説が好きなのですが今作【N】はそんな繋がっていく作品の『最終進化系』なのかもしれませんね!?

ただもう少し話の繋がりを強くする事やもっと大きな真相が見えてくるような展開でだったらもっとテンションが上がったまま読み終えたかもしれません!

出来ることなら【N】を読んだ記憶を消してもう言う一回初めから読み直したい作品です!!

【N】

バンディー的オススメ度

★★★★★★★★☆☆

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。